(最終更新日:2017-07-06 17:11:45)
  トウ ミホ   Miho Tou
  藤 美帆
   所属   広島修道大学  法学部
   職種   留学生教育担当契約教員(講師)
■ 現在の専門分野
●専門分野
日本語教育 
●キーワード
●主な研究テーマ
●共同研究・研究相談が可能な内容
■ 学歴
1. 2010/04~2014/03 九州大学大学院 比較社会文化学府 博士課程修了
■ 所属学会
1. 2009~ 異文化間教育学会
2. 2009~ 日本語教育学会
3. 2009~ 留学生教育学会
4. 2010~ 多文化関係学会
5. 2010~ 日本比較文化学会
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/03~  国際共修カリキュラムのための「共通語としての日本語・英語」使用実態・意識の調査 基盤研究(C) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  日本の大学と企業における国際化の現状―外国人留学生に着目した実証研究― (単著) 2016
2. 論文  大学周辺地域を題材としたビジターセッションの実践報告
―韓国の大学における上級日本語会話授業の事例から― (単著) 2017/07
3. 論文  元留学生外国籍社員が仕事で感じる困難点に関する質的分析 (単著) 2015
4. 論文  受講生は多文化クラスで何を話しているのか―留学生の学びに着目して― (単著) 2014
5. 論文  文化スキーマに関わる話題の出現過程―多文化クラスにおける話題の質的分析 (単著) 2014
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2017/09 文化の多様性を認識させる「日本事情」科目の実践と評価 ―留学生の語りにもとづく質的分析―(多文化関係学会第16回年次大会(2017年9月発表予定))
2. 2017/06/17 文化の重層性を体感させる「日本事情」の試み―日本国内の大学における留学生教育を対象として―(異文化間教育学会第38回大会)
3. 2017/02/25 国際共修場面における共通語としての 日本語・英語使用経験の相互作用 ―SCATを用いた事例的分析―(第3回言語文化教育研究学会年次大会)
4. 2016/10/08 海外における日本関連行事のこれか らについて―韓国における大学生ディベート大会の活動実践を例に―(2016 年度日本語教育学会秋季大会)
5. 2016/06/04 文化の重層性を体感させるビジターセッションの試み―韓国の大学にお ける日本語会話授業の実践報告―(異文化間教育学会第 37 回大会)
■ 授業科目
1. 多文化交流プロジェクト(広島再発見)
2. 多文化交流プロジェクト(地方の魅力)
3. 日本語Ⅰ
4. 日本語Ⅱ
5. 日本語Ⅱ
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 2016/06~2017/03 (各種団体等の活動)地域の小中高と世界をつなぐ多文化交流プロジェクト
■ 教育に関する発表
1. 2016/10
海外における日本関連行事のこれか らについて―韓国における大学生ディベート大会の活動実践を例に―
日本語教育学会
2016年度日本語教育学会秋季大会
単著・共著の別:共同
藤美帆、諏訪昭宏、鈴木啓孝、岩崎浩与
2. 2016/06
文化の重層性を体験させるビジターセッションの試み―韓国の大学にお ける日本語会話授業の実践報告―
異文化間教育学会
2016 年度異文化間教育学会第 37 回大会
単著・共著の別:単独
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2015/03
中級会話練習教材
単著・共著の別:単著
2. 2015/03
「ひらがな・かたかな練習教材」
単著・共著の別:単著
3. 2015/03
「プレゼンテーションの基本」
単著・共著の別:単著
4. 2015/03
作文教材
単著・共著の別:単著
5. 2016/04
講義用配布教材「スピーチ練習教材」
単著・共著の別:単著
全件表示(7件)