(最終更新日:2017-06-29 09:08:15)
  スズキ マキ   Maki Suzuki
  鈴木 麻希
   所属   広島修道大学  健康科学部
   職種   助手(助教)
■ 現在の専門分野
●専門分野
栄養生理学, 栄養教育学 
●キーワード
●主な研究テーマ
1. 五感による食物への認知と生体の生理的・心理的反応に関する研究 
2. 妊婦の食・生活習慣と児への影響に関する研究 
3. 小児の攻撃的心理と心臓自律神経活動,食・生活習慣に関する研究 
●共同研究・研究相談が可能な内容
■ 学歴
1. 2008/04~2012/03 県立広島大学 人間文化学部 卒業 学士(健康科学)
2. 2012/04~2014/03 県立広島大学大学院 総合学術研究科 修士課程修了 修士(人間文化学)
3. 2014/04~2017/03 兵庫県立大学大学院 環境人間学研究科博士後期課程修了 博士(環境人間学)
■ 著書・論文歴
1. 論文  Color of hot soup modulates postprandial satiety, thermal sensation, and body temperature in young women. (共著) 2017/07
2. 論文  Oral carbonation attenuates feeling of hunger and gastric myoelectrical activity in young women. (共著) 2017/07
3. 論文  Association of evening smartphone use with cardiac autonomic nervous activity after awakening in adolescents living in high school dormitories. (共著) 2017/03
4. 論文  視覚,味覚,触覚による食物への認知と生体の生理的・心理的反応に関する研究 (単著) 2017/03
5. 論文  Thorough mastication prior to swallowing increases postprandial satiety and the thermic effect of a meal in young women (共著) 2016/12
全件表示(15件)
■ 学会発表
1. 2017/05/21 食品の色は,若年女性の温スープへの受容性と摂取後の満足感,末梢体温を変化させる(第71回日本栄養・食糧学会大会)
2. 2016/12 妊娠期における非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の発症リスクに関する研究(臨床研究センター予防医学研究室学術研究発表会2016)
3. 2016/12 妊婦の栄養研究-胎児期環境とエピジェネティクスを考える-(臨床研究センター予防医学研究室学術研究発表会2016)
4. 2016/10 妊娠前の体格やボディイメージと妊娠中の体重増加量との関連(第37回日本肥満学会)
5. 2016/08 高校寮生のブルーライトを光源とするスマートフォンの夜間使用と朝の胃運動,心臓自律神経活動との関連(第3回時間栄養科学研究会)
全件表示(6件)