(最終更新日:2016-12-22 16:29:03)
  タナカ ケイコ   Keiko Tanaka
  田中 慶子
   所属   広島修道大学  人文学部
   職種   准教授
■ オフィスアワー
火曜5限
■ 現在の専門分野
●専門分野
感情労働論, 感情社会学, 応用社会学 
●キーワード
感情労働、労働のフレキシブル化、非正規雇用、女性性をめぐる消費、社会の医療化 
●主な研究テーマ
1. 労働の変容 
2. 「女性」と労働と消費 
3. 医療化・心理学化する社会 
4. 接客業を中心とした感情労働研究 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 非正規雇用、女性・消費、接客業における感情労働、うつ病などによる過労自殺に関連するテーマ 
■ 学歴
1. 2006/04~2014/03 立命館大学大学院 先端総合学術研究科 博士課程修了 博士(学術)甲第970号
■ 所属学会
1. 2007/07~ 関西社会学会
2. 2012/03~ 日本労働社会学会
3. 2013/07~ 日本社会学会
■ 著書・論文歴
1. 著書  どんなムチャぶりにも、いつも笑顔で?!──日雇い派遣のケータイ販売イベントコンパニオンという労働 (単著) 2014/09
2. 論文  「不当な労働」が不可視化されるメカニズム──日雇い派遣イベントコンパニオンたちの労働現場における男性労働者を中心的事例として── (単著) 2016/09
3. 論文  うつ病という労働災害の登場──電通過労自殺裁判において精神医学的知識が果たした役割── (単著) 2015/09
4. 論文  (博士学位取得論文)個人化社会における労働の変容と心の問題 (単著) 2014/03
5. 論文  労働のフレキシブル化に関する一考察──日雇い派遣イベントコンパニオンの労働現場を事例として (単著) 2013/12
全件表示(12件)
■ 学会発表
1. 2016/09/06 消費される女性労働──日雇い派遣イベントコンパニオンを事例として(日本解放社会学会大会第32回)
■ 授業科目
1. 応用社会学A
2. 応用社会学B
3. 応用社会学演習A(方法)
4. 応用社会学演習B(方法)
5. 応用社会学特殊演習Ⅰ
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 2016/12 (公開講座)ファッションの力
■ 教育に関する発表
1. 2015/08
板書による講義の実践(模擬講義「感情労働とは何か?」)
日本私立大学連盟
私大連FD推進ワークショップ(新任教員向け)
単著・共著の別:単独
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2014/04
ファッション論Aの講義レジュメ
単著・共著の別:単著
2. 2014/09
『どんなムチャぶりにも、いつも笑顔で?!──日雇い派遣のケータイ販売イベントコンパニオンという労働』
松籟社
単著・共著の別:単著
3. 2014/09
ファッション論Bの講義レジュメ
単著・共著の別:単著
4. 2015/04
応用社会学Aの講義レジュメ
単著・共著の別:単著
5. 2016/04
1
単著・共著の別:単著
全件表示(10件)