(最終更新日:1000-01-01 00:00:00)
  タツミ アキコ   Akiko Tatsumi
  辰己 明子
   所属   広島修道大学  経済科学部
   職種   外国語契約教員(講師)
■ オフィスアワー
木曜日の4コマ
■ 現在の専門分野
●専門分野
●キーワード
●主な研究テーマ
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 英語教育、授業内での翻訳使用(翻訳研究) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  ディラン・トマス 海のように歌ったウェールズの詩人 (共著) 2015/07
2. 論文  L2 Pragmatic Development Through Study Abroad: Change of Speed and Accuracy in Appropriateness Judgment (共著) 2016/03
3. 論文  大学英語教育における翻訳指導に関する研究:一般英語授業での翻訳指導実践事例として (単著) 2015/05
4. 論文  Speed and Accuracy of Appropriateness Judgments for L2 Requests by Japanese EFL
Learners (共著) 2015/03
5. 論文  高校生の英文和訳プロセスについて-Teaching Translation in Language Teaching(TILT) (単著) 2015/03
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2016/09/10 「サイトラ研究プロジェクト」研究会報告(日本通訳翻訳学会,第17回年次大会)
2. 2016/08/20 日本人英語学習者の翻訳過程におけるこだわりに関する事例研究-ワーキングメモリ容量に焦点をあてて-(全国英語教育学会,第42回埼玉研究大会)
■ 授業科目
1. アクティブ・イングリッシュⅠ
2. アクティブ・イングリッシュⅠ
3. アクティブ・イングリッシュⅡ
4. アクティブ・イングリッシュⅡ
5. ビジネス英語Ⅰ
全件表示(20件)
■ 社会における活動
1. 2016/10~2016/10 ゲームとLINEについて-学生の関心に焦点を当てて-
■ 教育に関する発表
1. 2016/09
「サイトラ研究プロジェクト」研究会報告
日本通訳翻訳学会
日本通訳翻訳学会,第17回年次大会
単著・共著の別:共同
長沼美香子,船山仲也,水野的,稲生衣代,石塚浩之
2. 2016/08
日本人英語学習者の翻訳過程におけるこだわりに関する事例研究-ワーキングメモリ容量に焦点をあてて-
全国英語教育学会
全国英語教育学会,第42回埼玉研究大会
単著・共著の別:単独
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●①授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
授業の方針としては、グループ・ペアー活動を中心に授業を進める。これまでの授業で、授業内での活動やワークシートを通して、学習者が英語基礎力を身につけつつある。
●②A 教育内容・方法の工夫
学習者の英語4技能向上を目指し、授業では、①パワーポイントにより授業教材内容の提示、②インターネットの使用、③学生にとり身近な教材の使用(映画、歌等)、を通して進めている。
●④学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
平成26年から平成28年に、修道大学で非常勤講師として出講したていた時は、授業評価アンケートの結果を参考に授業改善に努めた。
●⑥学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
非常勤講師として出講していた時は、学生からTOEICや留学、そして進路に関する相談を受け対応していた。現在は、これまでの授業では、英語の勉強の仕方、留学についての相談を受け対応した。