(最終更新日:2017-05-10 15:59:50)
  オガタ トモノリ   Tomonori Ogata
  緒方 知徳
   所属   広島修道大学  人間環境学部
   職種   教授
■ 現在の専門分野
●専門分野
運動生理学, 運動生化学, 健康科学 
●キーワード
骨格筋、筋萎縮、運動、運動生理学、運動生化学 
●主な研究テーマ
1. 骨格筋の可塑メカニズムの解明 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 骨格筋機能に対する運動、不活動、老化の影響に関する研究 
■ 学歴
1. 2001/04~2006/03 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 博士課程修了 博士(学術)筑波大学甲第4121号
■ 所属学会
1. 2001/06~ 日本運動生理学会
2. 2001/06~ 日本体力医学会
3. 2008/08~ 日本生化学会
■ 職歴
1. 2006/04~2009/03 早稲田大学 スポーツ科学学術院 助手
2. 2009/04~2010/03 早稲田大学 総合研究機構エルダリー・ヘルス研究所 助手
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2018/03  絶食下での運動が骨格筋応答に与える影響 基盤研究(C) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  Basic Biology and Current Understanding of Skeletal Muscle: Functional Role of Heat Shock Proteins in Skeletal Muscle (共著) 2013/09
2. 著書  Current Research Trends in Skeletal Muscle. 7. The role of heat shock proteins in skeletal muscle (共著) 2012/05
3. 論文  脊髄損傷に伴う下肢筋萎縮に対する電気刺激の抑制効果 (単著) 2017/02
4. 論文  Heat stress effects on the myosin heavy chain phenotype of rat soleus fibers during the early stages of regeneration. (共著) 2015/12
5. 論文  Skeletal muscle fiber plasticity: Heat shock proteins and satellite cell activation. (共著) 2012/09
全件表示(10件)
■ 学会発表
1. 2016/07/24 骨格筋の質的・量的変化を制御する分子メカニズムの探求(第24回日本生理学会大会)
■ 授業科目
1. マインド形成特殊実習(環境変化と身体の応答)
2. 運動スポーツ実習(スポーツフィッシング)
3. 運動スポーツ実習(バドミントン)
4. 運動スポーツ実習(バドミントン)
5. 健康スポーツ実習(ゴルフ)
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 2016/05~2016/05 公開講座「海外で暮らす」
2. 2016/05~2016/05 公開講座「海外で暮らす」
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●①授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
授業の方針、計画にのっとり適切な運営がなされたと考えている。
●②A 教育内容・方法の工夫
授業資料の精査およびテスト効果の検討を行った。
●④学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
講義科目、実習科目ともに、前後期でアンケートを実施し、前年度までとの比較を行い活用した、
●⑤授業公開の実施及び授業公開の参観状況
身体の健康の授業を公開した
●⑥学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
単位僅少学生への指導を行った。
●⑧学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
スクーバダイビング、マジシャンサークルの顧問を務めた。