(最終更新日:2017-10-17 00:05:22)
  マサオカ タカヒロ   Takahiro Masaoka
  政岡 孝宏
   所属   広島修道大学  商学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
水曜午後(13時~14時)@研究室(ただし、出張・委員会等で不在の場合もあるのでメール等での事前連絡が望ましいです。)
■ 現在の専門分野
●専門分野
会計学, 経営分析 
●キーワード
公益事業会計、倒産、粉飾決算、黒字倒産、国際会計、財務諸表分析 
●主な研究テーマ
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. (1)公益企業の会計(特に外部報告会計)に関する研究(2)企業倒産(倒産予測)に関する研究 
■ 学歴
1. 2002/04~2008/03 同志社大学大学院 商学研究科 商学専攻博士後期課程単位取得満期退学
■ 所属学会
1. 2002/04~ 日本会計研究学会
2. 2002/04~ 国際会計研究学会
3. 2002/04~ アメリカ会計学会
4. 2009/06~ 中四国商経学会
5. 2014/06~ 日本簿記学会
■ 著書・論文歴
1. 著書  財務会計Ⅱ (共著) 2015/02
2. 著書  地域中核企業の環境経営 (共著) 2013/09
3. 論文  IFRS第14号がわが国電力会社に与える影響 (単著) 2016/09
4. 論文  The effect of body movement teaching learning motivation and performance (共著) 2016/08
5. 論文  アクティブ・ラーニングを用いた会計教育:効果測定と応用方法 (共著) 2016/08
全件表示(13件)
■ 講師・講演
1. 2017/06 業務の効率化
2. 2017/04 経営計画の策定
■ 授業科目
1. C群特殊講義(経営分析論演習Ⅱ)
2. アカウンティング演習
3. 会計監査論Ⅱ
4. 会計特別ゼミナールⅡ
5. 外国文献研究Ⅱ
全件表示(11件)
■ 担当経験のある科目
1. 経営分析論(広島修道大学)
2. 経営分析論演習(広島修道大学)
3. 簿記原理(広島修道大学)
4. 簿記基礎演習(広島修道大学)
5. 会計監査論(広島修道大学)
全件表示(13件)
■ 社会における活動
1. 2017/10 (各種団体等の活動)第4回地域福祉ふれあい祭り
2. 2017/08~ (各種団体等の活動)安古市町商工会と地域事業者・大学・高校のコラボ事業への協力
3. 2017/07 (新聞等の記事等への対応)企業の比較研究や就活に役立つ『NEEDS-CDROM/DVD』
4. 2015/05~ (講演会)中小企業家同友会 企業変革支援プログラム
5. 2013/08~2018/03 (模擬講義)オープンキャンパス・ゼミ合同プレゼンテーション
全件表示(7件)
■ 教育に関する発表
1. 2015/11
アクティブ・ラーニングを用いた会計教育(最終報告)
日本会計教育学会
日本会計教育学会第7回全国大会
単著・共著の別:単独
菅原智
2. 2014/08
アクティブ・ラーニングを用いた会計教育(中間報告)
日本会計教育学会
日本会計教育学会第6回全国大会
単著・共著の別:共同
3. 2014/07
経営学科カリキュラムチェックリスト
広島修道大学
修道力フォーラム
単著・共著の別:単独
4. 2014/06
会計特別ゼミナールによる簿記・会計のアクティブ・ラーニング
日本簿記学会
単著・共著の別:単独
5. 2013/09
「会計体操」を使った簿記教育の取組みと効果
日本会計教育学会
日本会計教育学会第5回全国大会
単著・共著の別:共同
菅原智・菅尾尚代
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2015/04
財務会計Ⅱ
実教出版
単著・共著の別:共著
2. 2016/04
レゴを使った会計教育教材
単著・共著の別:単著
3. 2016/04
会計監査論Ⅰ/Ⅱ(2016年度版)
単著・共著の別:単著
4. 2016/04
日商簿記検定速修講座(平成28年改訂対応版)
単著・共著の別:単著
5. 2016/04
簿記原理Ⅰ/Ⅱ(2016年度版)
単著・共著の別:単著
全件表示(16件)
■ ホームページ
   http://ns1.shudo-u.ac.jp/~masaoka/
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
全担当科目について、授業の方針や成績評価方法を明示し、それに沿って授業を運営した。実際の授業内容も、シラバス等に記載の授業計画通りに遂行した。また、前述の通り、毎期の授業の目標としている「①双方向な授業、②学生目線の授業」については十分に達成できたと考えている。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
過年度に引き続き、すべてオリジナル・レジュメを作成して授業を行った。その際、図表を中心とした資料を作成するとともに、極力身近な例、新聞等で話題になった企業を取り上げることで、視覚的な理解・記憶を促すとともに、話に集中できるよう工夫している。また、問題演習系の授業については、市販の問題集を用いることなく、全問オリジナル問題を作成・配布して授業に取り組んでいる。 授業はすべてパワーポイントのアニメーション機能を駆使することで、学生の関心を引くよう心がけた。ほかにも、前回の復習・ここまでの復習の時間を設け、メリハリを付けることで集中力を高めるよう工夫した。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
前期実施科目である簿記基礎演習Ⅰにおいてアンケートを実施した。レジュメを実施した問題演習であること、内容、声量、問題数や授業の進め方等に対する好意的なアンケートが多数を占めていた。その一方で、ペースが速い、早口である等の改善提案も散見された。現在の授業ペースに対して賛否が分かれている点については、簿記はどれだけ多くの問題にあたることが出来るのかという点が重要になってくるとはいえ、問題数の削減をするなど、なんらかの対応手段を講じていきたい。
●5.授業公開の実施及び授業公開の参観状況
前期実施科目である簿記基礎演習Ⅰで公開授業を実施したが、参観者はゼロであった。 ただ、別日に、文部科学省の認証評価にあたっての本学の商学部の授業に選定され、担当者が参観に来られた。その後、「マイクを使わずに講義をしている点が評価に値する」「内容が静謐かつ整然としていた」との評価をいただいた。 また、他の先生の実施する語学系の科目の参観をした。科目の違いはあれど、都外科目の担当教員の熱意は非常に刺激となった。
●6.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
過年度に引き続き、卒業論文履修者、チューター学生、各種授業を履修している学生や顧問をしているクラブの学生からの相談に、メールや直接の面会を通じて対応した。質問は主として、授業の学習方法がわからない、どういった資格が役に立つのか、就職活動時の注意点といったものであった。これらの質問について。まずはしっかりと話を聞くとともに、当人の希望をくみ取りつつ適宜助言を行った。また、クラブの学生については当人達のたっての希望により、積極的に面接指導などを行った。 また、長期の単位僅少学生については、なんとか大学に来る機会を増やすよう積極的なアドバイスを実施した。しかし、強制力を持たせることは出来ないため、非常に扱いが難しいことを改めて認識した。
●8.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
過年度に引き続き、硬式庭球部、男子ハンドボール部の顧問及び部長であった。両部について、申請書類への対応はもちろんのこと、適宜練習を参観に行くとともに、各種行事に顧問として参加したほか、各種クラブ運営の相談などにも対応した。