(最終更新日:2016-11-17 15:00:23)
  ヤマザキ トシエ   Toshie Yamazaki
  山﨑 俊恵
   所属   広島修道大学  法学部
   職種   准教授
■ オフィスアワー
随時
■ 現在の専門分野
●専門分野
少年法 
●キーワード
少年法 
●主な研究テーマ
1. 少年司法における検察官の役割 
●共同研究・研究相談が可能な内容
■ 学歴
1. 1999/04~2004/03 東北大学大学院 法学研究科博士後期課程中退
■ 所属学会
1. 1999/04~ 日本刑法学会
■ 著書・論文歴
1. 著書  『子どもと法』 (共著) 2016/07
2. 論文  アメリカにおける少年法の適用対象年齢の引き上げ (単著) 2017/02
3. 論文  アメリカの少年非行をめぐる世論調査 (単著) 2016/02
4. 論文  判例研究(刑事訴訟法判例研究(48)少年につき禁錮以上の刑に当たる罪として家庭裁判所から少年法20条1項の送致を受けた事件をそれと事実の同一性が認められる罰金以下の刑に当たる罪の事件として公訴を提起することの許否(最高裁第一小法廷平成26・1・20判決)) (単著) 2015/05
5. 論文  アメリカにおける少年の刑罰――アメリカ合衆国最高裁判所の判例から (単著) 2014/09
全件表示(7件)
■ 授業科目
1. ゼミナールⅠ
2. ゼミナールⅡ
3. ゼミナールⅢ
4. ゼミナールⅣ
5. 刑事訴訟法
全件表示(13件)
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2015/04
授業用レジュメ(改訂したもの)
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●④学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
講義科目については授業評価アンケートを実施しなかったが、修大基礎講座及び初年次セミナーについては学習支援センター及び学科のコーディネーターによりアンケートを実施していただいた。修大基礎講座について、全体的な評価は他クラスと比べても悪くなかったが、他クラスとの点数の違いが大きく出た項目が若干あったため、後期の初年次セミナーの授業に当たり注意・意識した。