(最終更新日:2017-05-17 14:49:44)
  モリカワ アキラ   Akira Morikawa
  森河 亮
   所属   広島修道大学  法学部
   職種   教授
■ 現在の専門分野
●専門分野
スポーツ医学, 運動生理学, 野外教育 
●キーワード
SOD、mRNA、リンパ球 
●主な研究テーマ
1. 運動と血液およびリンパ球中SODとの関係 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 運動とSODに関する研究 
■ 学歴
1. 2000/04~2003/05 広島大学大学院 教育学研究科博士後期課程単位取得満期退学
2. 2003/09
(学位取得)
博士(教育学)第3709号
■ 所属学会
1. 2000/04~ 日本体力医学会
2. 2000/09~ 日本体育学会
3. 2003/07~ 日本運動生理学会
4. 2004/10~ 日本フットボール学会
5. 2006/05~ 日本野外教育学会
■ 著書・論文歴
1. 論文  プロジェクトアドベンチャーの手法を取り入れた体験学習が社会的人間関係の育成に及ぼす効果 ―「アクティビティ」との関係(追加調査)― (単著) 2016/09
2. 論文  本学の東日本大震災復興支援活動に関する一考察 ―体験を「学び」に転換する― (単著) 2015/12
3. 論文  プロジェクト アドベンチャーの手法を取り入れた体験学習が社会的人間関係の育成に及ぼす効果 -「アクティビティ」との関係- (単著) 2015/02
4. 論文  プロジェクトアドベンチャーの手法を取り入れた体験学習が人間関係の育成に及ぼす効果 ―スポーツ実習科目との比較― (共著) 2014/02
5. 論文  Effects of Exercise Training on Superoxide Dismutase Gene Expression in Human Lymphocytes (共著) 2004/10
全件表示(7件)
■ 授業科目
1. 教育学特論Ⅶ(レクリエーション)
2. 健康スポーツ実習(Shudo AP)
3. 健康スポーツ実習(サッカー)
4. 健康スポーツ実習(サッカー)
5. 健康スポーツ実習(サッカー)
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 2016/05~2017/03 (各種団体等の活動)地域つながるプロジェクト
2. 2013/04~ (各種団体等の活動)全国大学間連携災害ボランティアネットワーク主催 夏季ボランティアプログラム
3. 2012/02~ (各種団体等の活動)全国大学間連携災害ボランティアネットワーク主催 夏季ボランティアプログラム
■ 委員会・協会等
1. 2014~2018 広島広域公園管理運営協議会 委員
■ 教育に関する発表
1. 2013/06
プロジェクトアドベンチャーの手法を取り入れた体験学習でのアクティビティ体験が大学生の人間関係の育成に及ぼす効果(追加調査)
日本野外教育学会
日本野外教育学会 第16回大会
単著・共著の別:共同
橋本 晃啓
2. 2012/07
体験学習でのアクティビティ活動体験が社会的人間関係の育成に及ぼす効果(追加調査)
日本野外教育学会
日本野外教育学会第15回大会
単著・共著の別:共同
橋本 晃啓
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●①授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
授業の方針および授業計画に関しては、実際の予定していた通りすべての授業で展開できた。また、授業内容および授業目標の到達度においても同様であった。
●②A 教育内容・方法の工夫
講義に関しては、パワーポイントを利用し視聴覚に訴え、そして資料の配布を授業の一番最後に行うことで、学生にノートテイキングを必須とさせることを行った。その結果、近年で最も低い「D」率になった。ひろみら特講の授業では、グループワークを主体とし、また毎回の授業をふりかえり、そこから自身についての次の課題を見出させることを行い、それを評価した。実習科目においては、常に新しい練習課題・方法を検討するために、サンフレッチェ広島のサッカースクールのアシスタントコーチを行い、最新の情報の収集に務めた。
●④学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
講義科目については、「授業を受けて、健康に対する考えが改められた。」「授業で見聞きしたことを実行した。」「今後は自分で自分の健康を管理できると思う。」というアンケート項目を加え、学生自らが自分の健康を管理・維持していく態度が身についたかどうかを確認した。結果は、全て平均値が4.0を上回り、高評価であった。
●⑤授業公開の実施及び授業公開の参観状況
2科目の授業公開を実施した。ただし、参観者が0名であったため、助言をもらうことはできなかった。
●⑥学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
小学校教員を目指す教育学専攻4年生の教員採用試験の1次試験のグループワーク対策指導および2次試験の体育実技対策指導を行った。地域つながるプロジェクトを実施したい学生からの要望を受け、代表教員を担い指導した。
●⑧学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
サッカー部の顧問として、申請書類などを含めた庶務的な内容の支援を行った。 また、学外での学生の自主活動に関する留意事項などについて知識を深めるために、学生支援に関する各種フォーラム、学会、講演会などに出席した。