(最終更新日:2017-01-18 09:27:50)
  ワキヤ ナオコ   Naoko Wakiya
  脇谷 直子
   所属   広島修道大学  経済科学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
原則として木曜(Thu.)の2限(10:45~12:15)としますが、電話やメールにより事前の連絡をお願いします。
■ 現在の専門分野
●専門分野
電子自治体(電子行政)、情報システム 
●キーワード
ソフトウェア、情報システム、電子政府、電子自治体、情報化社会 
●主な研究テーマ
1. 電子政府や電子自治体を支える情報システムのあり方、実現方法 
2. 地域における課題解決のためのICT利活用 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 行政が構築・運用する情報システムおよび、それらを活用した電子自治体の実現に関するテーマ 
■ 学歴
1. 2003/04~2006/03 広島修道大学大学院 経済科学研究科博士後期課程修了 博士(経済情報)(広島修道大学 博甲第20号)
■ 所属学会
1. 1998/05~ 情報処理学会
2. 2003/11~ プロジェクトマネジメント学会
3. 2011/05~ 日本生産管理学会
4. 2012/12~ 日本経営システム学会
■ 著書・論文歴
1. 著書  The Impact of Open Source Software on e-Government Development and Deployment (共著) 2008/10
2. 著書  電子自治体構築・運用プロセスの成熟度評価モデル<学位論文> (単著) 2006/04
3. 論文  地域活性化のためのコミュニティにおけるICT利活用について~効果的なICT利活用による商店街コミュニティの活性化を目指して~ (共著) 2016/12
4. 論文  Key Point in Designing a Package of e-Learning Materials for PBL Course on PM Basics (共著) 2015/10
5. 論文  複数の大学と企業を遠隔システムで結んだ産学連携によるプロジェクトマネジメント講義の評価 (共著) 2013/08
全件表示(14件)
■ 授業科目
1. ゼミナールⅠ
2. ゼミナールⅡ
3. ゼミナールⅢ
4. ゼミナールⅣ
5. ソフトウェアⅠ
全件表示(14件)
■ 社会における活動
1. 2016/08 (市民講座)平成28年度第1回広島市電子メディア・インストラクター養成講座「青少年のインターネット利用に関する現状と課題~子ども達のインターネット利用問題~」
2. 2016/07 (講演会)高知県立伊野商業高等学校「ICTの活用で地域を活かす」
3. 2016/05 一般社団法人PMI日本支部「Annual Report 2015」 コラム
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●①授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
授業の方針としては、ソフトウェア開発および導入に関する分野において、自ら考えてその時点での解決策を導き出せる人材の育成を目指している。実際の授業の内容については、公表されているデータ等も用いながら近年の動向を取り込むようにしている。また、公開済みの資格試験の過去問題等を練習問題として用い、確認テストの実施や定期的に課題と解説を組み合わせて行うことで、理解が深まるよう工夫している。授業目標の達成度は十分な高さである。
●②A 教育内容・方法の工夫
技術進歩が早く、社会的変化も大きい分野を扱っているため、「本質は何か」を理解してもらえるような授業内容になるよう心がけている。また履修学生によっては、興味の度合が異なるため、授業で扱った内容だけでなく、広く自習が行える情報を提供するよう努めている。教育方法については、復習にも役立つようにe-Learningシステムを活用しているが、定期的な改善を行いたい。担当科目とは別に、能動的な学びを行える機会の提供や、複数の教員で協力して授業外で資格取得の支援(学科の情報関連カリキュラムに広く関係する資格の支援)なども行っている。
●④学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
授業評価アンケートの実施は、ゼミナールなど直接声を聞くことのできる少人数授業を除き、主に担当する科目で毎年実施している。結果については、前回調査結果との比較を行い、項目別に見て特に評価の低い項目について改善を試みている。自由記述なども参考に、良い提案については次の機会にすぐ改善できるよう努めている。
●⑤授業公開の実施及び授業公開の参観状況
2016年度は授業公開および参観は行わなかった。
●⑥学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
勉学、生活、進路・就職に関して、担当学生を中心に相談に応じている。