(最終更新日:2016-12-02 17:15:53)
  イヨリ コウヘイ   Kouhei Iyori
  井寄 幸平
   所属   広島修道大学  経済科学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
随時(事前にメール等で確認してください)
■ 現在の専門分野
●専門分野
実験経済学, 経済シミュレーション 
●キーワード
実験経済学、ゲーム理論、意思決定シミュレーション 
●主な研究テーマ
1. 経済実験とシミュレーションによる意思決定および協調行動の分析 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 経済実験を用いた意思決定分析およびシミュレーション 
■ 学歴
1. 2000/04~2003/03 神戸大学大学院 自然科学研究科博士後期課程修了 博士(学術)ND第556号
■ 所属学会
1. 2003/03~ システム制御情報学会
■ 著書・論文歴
1. 論文  ネットワーク環境下のゲームにおける相手指名および行動選択に関する戦略シミュレーション (単著) 2017/02
2. 論文  An Application of Cellular Automata to the Oligopolistic Market (単著) 2015/03
3. 論文  ネットワーク環境下における相手決定規則と経験の影響に関する研究 (単著) 2014/09
4. 論文  Prisoner’s Dilemma Network: Experiments and Simulations (単著) 2007/09
5. 論文  ネットワーク型囚人のジレンマにおける協調行動の創発に関する研究 (共著) 2003/09
全件表示(6件)
■ 授業科目
1. シミュレーション論Ⅰ
2. シミュレーション論Ⅱ
3. ゼミナールⅢ
4. ゼミナールⅣ
5. 研究指導
全件表示(12件)
■ 社会における活動
1. 2016/08 (模擬講義)「情報を学ぶ」とは(高大連携講座「はばたけ未来に向けて」)
2. 2016/06 (模擬講義)経済科学ってなんだろう?
3. 2008/07~ (各種団体等の活動)私立大学情報教育協会サイバーFD研究員
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2013/09
(教材)社会システムシミュレーション研究講義プリント、サンプルプログラム
単著・共著の別:単著
2. 2014/04
(教材)講義プリント(シミュレーション論、初年次セミナー、ゼミナール、社会システムシミュレーション研究)
3. 2015/04
(教材)シミュレーション論講義プリント、社会システムシミュレーション研究講義資料、サンプルプログラム
4. 2016/04
(教材)シミュレーション論講義プリント、社会システムシミュレーション研究講義資料、サンプルプログラム
単著・共著の別:単著
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●①授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
シミュレーション論では基礎理論の理解、内容への関心の深化、自分の力でシミュレーションを構築する力を身につけられるよう体系的な授業計画を作成し、シラバスに明示した。実際の授業はこのシラバス通りに実施され、講義、演習、レポート等を通して授業目標を十分に達成した。ゼミナール・卒業論文では少人数のグループごとに自ら考えた課題を解決するよう計画を立て、経済実験、アンケート、コンピュータシミュレーション等をおこなって十分な内容のレポート、卒業論文が提出された。
●②A 教育内容・方法の工夫
学内のFD・SD研修会に参加し、授業方法に関する情報収集をおこなうとともに改善に取り組んだ。シミュレーション論においてPCによるシミュレーション作成をなるべく多く体験できるよう、貸出用PCを追加した。シミュレーションの作成課題やサンプルは毎年更新を重ねており、大学院授業で作成したものを例示するなど、常に新しいものに触れられるよう努めた。また復習や欠席時の対応のためホームページに講義資料を掲載している。
●④学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
シミュレーション論I・IIにおいて授業評価アンケートを実施した。いずれの科目も、「授業の体系性」、「教授方法・講義内容」すべての項目について科目別・受講者数別平均を上回っており、以前からの取り組みが奏功しているものと考える。特に自分でPCを操作したり手を動かしてシミュレーションを作成することへの好意的な意見が多く、より積極的に取り組める課題を随時更新、追加している。
●⑤授業公開の実施及び授業公開の参観状況
授業公開は実施していないが、6月に実施された「熟議」を2回参観した。
●⑥学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
主にゼミナール所属の学生から進路等の相談を受け、真摯に対応した。講義内容や課題、情報処理技術者試験に関する質問、相談にもその都度個別に対応した。 また、単位僅少者指導において、規定時間外も含めて対象学生と面談をおこなった。
●⑧学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
なし