(最終更新日:2017-11-15 15:51:40)
  ヤマザキ アツトシ   Atsutoshi Yamazaki
  山﨑 敦俊
   所属   広島修道大学  商学部
   職種   准教授
■ オフィスアワー
水曜日(10:45~12:15、14:40~15:40)、
■ 現在の専門分野
●専門分野
会計学、公会計論 
●キーワード
会計学原理、公会計論 
●主な研究テーマ
1. 会計学原理、公会計論 
●共同研究・研究相談が可能な内容
■ 学歴
1. 2002/04~2005/03 作新学院大学大学院 経済学研究科博士後期課程単位取得満期退学
2. 2010/03
(学位取得)
博士(経営学)乙第5号
■ 所属学会
1. 2002/12~ 公益事業学会
2. 2003/04~ 日本会計研究学会
3. 2007/04~ 証券経済学会
■ 職歴
1. 2011/04~2014/03 保健医療経営大学 保健医療経営学部 准教授
2. 2015/10~ 東洋大学現代社会総合研究所 客員研究員
■ 著書・論文歴
1. 著書  新会社法対応「精算表」完全理解ベーシック簿記テキスト (共著) 2007/05
2. 著書  会計学を学んだあとの法人税法セミナー (共著) 2004/01
3. 著書  現代企業 法と会計の周辺事情 (共著) 2002/10
4. 論文  減価償却と減損会計の相互補完性に関する研究 (単著) 2018/02
5. 論文  「会計における収益概念の変遷に関する研究」 (単著) 2017/02
全件表示(10件)
■ 授業科目
1. ゼミナールⅠ
2. ゼミナールⅡ
3. ゼミナールⅢ
4. ゼミナールⅣ
5. 会計学演習Ⅰ
全件表示(17件)
■ 委員会・協会等
1. 2017/07/04~ LPガス振興センター推進事業費補助金審査委員 審査委員
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2015/04/01~ 会計学原理Ⅰ/Ⅱ配布プリント教材
2. 2015/04/01~ 中級簿記Ⅰ/Ⅱ配布プリント教材
■ 教育に関する発表
1. 2014/08
FD推進ワークショップ
一般社団法人日本私立大学連盟
FD推進ワークショップ(新任教員向け)
単著・共著の別:単独
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●①授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
知識のインプットとアウトプットを行うことを目標に、講義の前半2/3は講義形式、後半1/3は演習とメリハリがつくよう配意して、知識の定着化を図った。 講義の始めに、必ず講義中のマナー(私語、スマートフォンの使用、途中退席などの禁止)について伝えた。
●②A 教育内容・方法の工夫
毎回シラバスのとおり講義を進めていき、テキストに沿った補助プリントを使用して講義を行った。 受講生が重要事項を可視化できるような穴埋めプリントを作成・配布した。
●④学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
講義中のマナー(私語、スマートフォンの使用、途中退席など)を厳しく指導した。 アンケートによって予習を行う学生が少ないことがわかったため、毎回の講義の最後に次回講義の該当箇所を伝えるとともに、毎回の配布プリントにおいて明示した。
●⑤授業公開の実施及び授業公開の参観状況
前期に「会計学原理Ⅰ」を公開し、講義中の教室内巡回などにおいて貴重なアドバイスを頂いた。 英語英文学科の少人数クラスの講義を参観し、受講生の理解度チェック、講義中の小テスト、学生への問いかけなど、学ぶことが多く、自らの講義において積極的に取り入れていきたいと思った。
●⑥学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
単位僅少者と個別面談を行い、なせ単位僅少となってしまったかの理由を考えさせ、学習状況や生活態度などを話し合い、今後の改善策について一緒に考えた。 ゼミ生からの就職等の相談について個別に応じた。
●⑧学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
ヨット部の顧問として課外活動支援を行った。