(最終更新日:2017-09-20 15:31:23)
  オカムラ カズアキ   Okamura Kazuaki
  岡村 和明
   所属   広島修道大学  経済科学部
   職種   教授
■ 現在の専門分野
●専門分野
労働経済学, 応用計量経済学 
●キーワード
賃金構造、人材形成、世代効果、労働力参加、ダイナミック・パネルデータ分析 
●主な研究テーマ
1. 賃金構造、動学的労働供給行動の分析 
●共同研究・研究相談が可能な内容
■ 学歴
1. 1996/04~2000/03 大阪大学大学院 経済学研究科博士後期課程単位取得満期退学
2. 2000/04
(学位取得)
博士(経済学)第15588号
■ 所属学会
1. 2000/04~ 日本経済学会
2. 2009/04~ The Econometric Society
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2020/03  家計の労働供給を考慮した最適な税制設計のマイクロ・シミュレーション分析 基盤研究 (C) 
2. 2015/04~2018/03  商工会・商工会議所の経営指導員を地方再生に活かす経済政策に関する研究 挑戦的萌芽研究 
■ 著書・論文歴
1. 論文  The Signaling Role of Promotion in Japan -A Pseudo-Panel Data Analysis (単著) 2013/04
2. 論文  オープンアクセス・コモンズの数量分析 (単著) 2012/04
3. 論文  Inter-temporal Labour Force Participation among Married Women in Japan (共著) 2011/12
■ 学会発表
1. 2017/09/16 The Effects of the Timing of Childbirth on Female Labor Supply - A Sequential Matching Approach(15th Annual ESPAnet Conference 2017 Lisboa)
■ 授業科目
1. ゼミナールⅠ
2. ゼミナールⅡ
3. ゼミナールⅢ
4. プレゼミナール
5. 確率・統計入門
全件表示(14件)
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2013/04
オリジナルの講義ノート
1
単著・共著の別:単著