(最終更新日:2017-05-10 22:43:40)
  テラモト ヒロアキ   Hiroaki Teramoto
  寺本 浩昭
   所属   広島修道大学  経済科学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
木曜日か金曜日の昼時間
■ 現在の専門分野
●専門分野
理論経済学, 消費者行動論, 企業家行動論 
●キーワード
消費者行動、家計生産関数、消費の生産性、消費者の時間配分、利己主義と利他主義、企業家行動、企業家の能力、企業家の生産性、不確実性 
●主な研究テーマ
1. 消費者行動および企業家行動の研究 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 消費者行動の理論的分析: 家計生産の理論に基づいた消費者行動の研究を行っています。家計生産の理論を導入することで、時間配分を考慮に入れた幅広い分析が可能になると思っています。企業家行動の理論的分析: 生産の理論に企業家行動の概念を取り入れて研究を行っています。その場合に、企業家能力が重要になると思います。企業家能力は多岐にわたっていますが、私は、企業家の生産性と意欲に限定して分析を行っています。 
■ 学歴
1. 1972/04~1975/03 一橋大学大学院 経済学研究科 博士課程単位取得満期退学
■ 所属学会
1. 1972/04~ 日本経済学会(旧:理論・計量経済学会)
2. 1975/04~ 中四国商経学会
3. 1978/04~ 日本計画行政学会
4. 1985/04~ 日本経済政策学会
5. 1995/12~ 環境経済・政策学会
■ 著書・論文歴
1. 論文  家計の資源配分 (単著) 2017/02
2. 論文  Health and Consumer Behavior (単著) 2016/02
3. 論文  所得変化と利他主義 (単著) 2013/09
4. 論文  消費の外部効果と経済発展 (単著) 2007/02
5. 論文  消費と生産性変化 (単著) 1997/03
全件表示(6件)
■ 授業科目
1. ゼミナールⅢ
2. 応用マクロ経済学
3. 応用ミクロ経済学
4. 経済分析入門Ⅰ
5. 研究指導
全件表示(11件)
■ メッセージ
大学生活の目標を立て、その達成に努力するのは有意義なことと思います。