(最終更新日:2017-05-17 16:38:42)
  ヤマカワ アユミ   Ayumi Yamakawa
  山川 肖美
   所属   広島修道大学  人文学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
火曜、3限
■ 現在の専門分野
●専門分野
生涯学習論, 社会教育学 
●キーワード
生涯学習論、社会教育学、経験学習論、生涯学習の評価、ポートフォリオ、地域と大学の連携、公民館 
●主な研究テーマ
1. 経験学習理論 
2. 生涯学習における評価 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 生涯学習や社会教育、経験学習、生涯学習型評価、ポートフォリオ、公民館、地域と大学との連携・協働等に関連するテーマ 
■ 学歴
1. 1993/04~1996/03 広島大学大学院 教育学研究科博士後期課程単位取得満期退学
■ 資格・免許
1. 1991/03 教員免許(英語)
■ 所属学会
1. 1991/06~ 日本生涯教育学会
2. 2012/11~ ∟ 常任理事
3. 1992/08~ 中国四国教育学会
4. 1993/05~ 日本社会教育学会
5. 1996/08~ 西日本教育行政学会
全件表示(11件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2018/03  社会教育における自立経営的なまちづくりを担うローカル人材の育成 その他の補助金・助成金 
■ 著書・論文歴
1. 著書  Ⅱ-3 ライフサイクル論
Ⅱ-4 生涯発達と発達課題
Ⅳ-12 生涯学習と国際交流 (共著) 2016/05
2. 著書  現代社会の人間形成」 (共著) 2016/03
3. 著書  地域・大学協働実践法 地域と大学の新しい関係構築に向けて (共著) 2014/02
4. 著書  生涯学習支援実践講座 生涯学習コーディネーター 新支援技法 (共著) 2014/01
5. 著書  教育と人間 (共著) 2012/04
全件表示(17件)
■ 学会発表
1. 2016/05/26 広島の社会教育と公民館(シビックプライド教育研究会(科研協力者としての研究会参加))
■ 授業科目
1. 教育学演習Ⅰ
2. 教育学演習Ⅱ
3. 教育学演習Ⅲ
4. 教育学演習Ⅳ
5. 社会教育演習
全件表示(9件)
■ 社会における活動
1. 2017/02 (講演会)ウーマンライフはつかいちの企画相談と登壇
2. 2017/02 (講演会)社会教育主事研修講師(国社研)
3. 2017/02 (講演会)地域系学部等教育シンポジウムの企画相談と登壇
4. 2017/02 (新聞等の記事等への対応)ひろみらプロジェクトと研究についての対談
5. 2017/02 地域系学部等教育シンポジウムの企画相談と登壇
全件表示(11件)
■ 委員会・協会等
1. 2006/06~ 広島市公民館運営審議会 委員長
2. 2008/12~ 広島市社会教育委員・副議長
3. 2008/12~ 廿日市市教育委員会 委員長職務代理(2014年度のみ委員長)
4. 2012/03~ 廿日市市男女共同参画懇話会 会長
5. 2015/05~ 広島市拠点性強化に関わるWG 委員
■ 役職
1. 2014/04/01~2018/03/31 広島修道大学 副学長
■ 教育に関する発表
1. 2017/02
「地域イノベーションコース」における人材育成 その成果と課題
北九州市立大学
地域系学部等教育シンポジウム
単著・共著の別:単独
2. 2016/02
「地域の再生と大学」-ひろみらプロジェクト「地域イノベーション人材」育成のとりくみから
文部科学省、高知大学
全国COC/COC+フォーラム
単著・共著の別:単独
3. 2013/05
「”修大熟議プロジェクト2030”の意義と成果、今後の展開」
文部科学省
地域と協働する大学づくりシンポジウム
単著・共著の別:単独
4. 2012/08
授業におけるShuPの活用について
産業界GPワーキンググループ会議、外部評価委員会
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2016/04
すべての授業において毎年レジュメを更新している。とりわけ生涯学習論Ⅰ・Ⅱについては、学生の主体的学びを促すために、ワークシートを改善したり新規開発したりしている。
単著・共著の別:単著
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●①授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
上述の通り、2016年度の教育面での目標は、講義科目については、体系的理解を進めることとあわせて、複数の学部・学科・専攻の受講生が混在していることを活かして、コミュニケーションの機会を増やして、受講生が自分の専門分野と当該講義科目の内容とを結びつけて理解をできることを目標にした。演習科目については、受講学生が自ら研究力を高めることとあわせて、批判的思考力を修得することを目標とした。 講義科目については、学びとまちづくりあるいは学びと社会の変革との関係を内容に相当量盛り込むことと、社会教育を多様な場面で仕事として実践しているゲストスピーカーを招き話を聴くことで、コミュニケーションを促し、それぞれの専門分野との関わりを深く考える機会をつくることができた。その結果、複数の学生より、社会教育が実際にどのように有用か知ることができた、教育について新しい見方を得ることができたという旨の評価を得た。 演習科目については、自立学習と集団学習に間に有機的循環をつくることで、研究力と批判的思考力の修得を促すことができた。その結果、3年生は当初のゼミとしての目標に全員が到達をした。4年生は、11名中10名は到達をし、単位修得もできたが、1名については、保護者とも何度も連絡をとり、提出期限当日までサポートをしたが、本人の心身の不調により単位修得に至らなかった。その後も、当該学生と面談を重ね、今年度末には卒業ができる見通しを立てて、再度のチャレンジを支援している。
●②A 教育内容・方法の工夫
2006年の教育基本法の改正や2010年に少子高齢化を伴う人口減少社会の到来が広く共有されるようになって以来、生涯学習は、学びによって社会をどのように変えていくか、また、社会の課題を学びによってどのように解決していくか、すなわち、学びと社会の循環や関係性がより強く問われるようになってきている。こうした社会情勢を反映し、教育内容については、学びによる自己の成長の側面だけでなく、学びによる社会の変化のあり方や実践を意識的に多く取り入れるようにしている。 そのため、方法としては、実社会にかかる映像の活用やゲストスピーカーとの連携も積極的に進めていきたい。
●④学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
生涯学習論Ⅰ・Ⅱ、社会教育実習で授業アンケートを実施した。アンケートは、講義には全学共通アンケートを、実習には独自のアンケートを採用した。授業アンケートの結果は、次の授業のための改善材料として分析し、続く授業において、課題と改善策を公表している。講義科目については、各項目間で若干のバラつきはあるが、4.0~4.8の評価を得ている。例年よりも1年生が多く、かつ他学部の割合が高かったため、難易度が相対的に高くなってしまったようで、とりわけ、難易度や受講生理解の面で改善の余地があると考えている。今年度は受講生層の分析をより細かくしながら、授業展開に反映をさせたい。
●⑤授業公開の実施及び授業公開の参観状況
授業公開については公式には行っていない。参観希望があれば、学生の許可を得てすべて受け入れている。 参観については、人事に関連して3名の方を対象に行った。
●⑥学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
学科・専攻学生や専攻卒業生、専攻外の学生に対して、日常的に、学習、生活、進路・就職などの相談への対応をした。1週間に1名以上の頻度で各種相談に応じた。その際には、教員としての経験に加えて、キャリアセンターやひろみらセンターでの業務経験が生かされている。また単位僅少学生や卒業延期学生の面談も定期的に実施した。
●⑧学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
学生の課外活動に対する支援は、顧問等としてはしていない。ただし、ひろみらセンターやピア・カウンターに来室する学生たちや地域つながるプロジェクトチームへの助言や支援は行った。