(最終更新日:2017-10-16 10:16:08)
  ヤノ イズミ   Izumi Yano
  矢野 泉
   所属   広島修道大学  商学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
火曜日 15:00-16:00
水曜日 11:00-12:00
(出張等で留守の場合もあるため、事前に連絡をお願いいたします)
■ 現在の専門分野
●専門分野
農業市場学, 食料流通学, 農業経済学 
●キーワード
農業市場、農水産物流通、卸売市場制度、東南アジア、タイの米流通 
●主な研究テーマ
1. 東南アジアの農産物流通 
2. 日本における生鮮農水産物の卸売市場流通問題 
3. 食品廃棄物の再資源化 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 農水産物の販売・流通、6次産業化、卸売市場の整備再編、食に関わる消費者意識、東南アジアの食品市場 
■ 学歴
1. 1991/04~1993/03 北海道大学大学院 農学研究科 修士課程修了 修士(農学)
2. 1993/04~1996/03 広島大学大学院 生物圏科学研究科博士後期課程修了 博士(農学)第1541号
■ 資格・免許
1. 1991/03 高等学校教諭一種免許状 社会(平2高1第1500号)
2. 1991/03 中学校教諭一種免許状 社会(平2中1第1277号)
■ 所属学会
1. 1991~ 日本農業経済学会
2. 1991~ 日本農業市場学会
3. 2000/06~ ∟ 理事
4. 1992~ 日本流通学会
5. 1992~ 農業問題研究学会(旧農業問題研究会)
全件表示(11件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2018/03  国産レモンのバリューチェーン構築によるカンキツ産地の維持と需要拡大戦略 基盤研究 (C) 
2. 2015/04~2017/03  中食(調理品・惣菜類)の市場拡大下における食肉流通関連業者の取り組みに関する調査研究 その他の補助金・助成金 
3. 2014/04~2018/03  広島の復興・成長・停滞期における公的及び民間食料流通システムの役割の検証 基盤研究(C) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  フードシステム革新のニューウェーブ (共著) 2016/03
2. 著書  食育入門-生活に役立つ食のサイエンス- (共著) 2014/03
3. 著書  商品の安全性と社会的責任 (共著) 2013/11
4. 著書  食料・農業市場研究の到達点と展望 (共著) 2013/01
5. 著書  食料・農産物の流通と市場Ⅱ (共著) 2008/04
全件表示(27件)
■ 学会発表
1. 2017/10/08 中央卸売市場の公益性に関する一考察(日本流通学会第31回全国大会)
2. 2016/07/03 スーパーマーケットにおける食肉の専門店化展開と課題-スーパーマーケットYの食肉対面販売を事例に-(日本農業市場学会2016年度大会)
3. 2016/07/03 食肉流通システムの構築と生産・流通業者の機能と役割-新需要創出に向けたバリューチェーン・サプライチェーンの構築-(日本農業市場学会2016年度大会)
■ 講師・講演
1. 2017/04 どうする水産物卸売市場-これだけの事実と論点-(広島市)
2. 2017/03 農産物流通改善調査研究に関するコメント(札幌市)
3. 2017/02 市場流通のあるべき姿と現状について(広島市)
4. 2017/01 変わる食べもの事情と生鮮農水産物流通(岡山市)
5. 2016/10 食品ロスを減らすために~みんなで取り組もうムダのない食生活~(広島市)
全件表示(7件)
■ 受賞学術賞
1. 1994/04 論文「タイの米輸出動向と米市場の変化」で日本農業市場学会奨励賞
■ 授業科目
1. B群特殊講義(理論と実践の観光学)
2. アジア経済論研究Ⅰ
3. ゼミナールⅠ
4. ゼミナールⅡ
5. ゼミナールⅢ
全件表示(17件)
■ 社会における活動
1. 2017/08~2017/08 (新聞等の記事等への対応)岐阜中央市場 現地再整備が望ましい 検討委が市長へ答申
2. 2017/08~2017/08 (新聞等の記事等への対応)市場改修と再整備を
3. 2017/08~2017/08 (新聞等の記事等への対応)中央市場、移転求めず-岐阜市長に検討委答申
4. 2017/08~2017/08 (新聞等の記事等への対応)冷蔵冷凍設備整備を-岐阜市中央卸売市場検討委
5. 2017/05 (講演会)広島レモンのバリューチェーン
全件表示(18件)
■ 委員会・協会等
1. 2004/08~ 広島市中央卸売市場開設運営協議会 委員
2. 2011/08~ 広島県環境影響評価技術審査委員会 委員
3. 2013/04~ 広島市特産品等ブランド化推進審議会 委員
4. 2013/08~ 農林水産省食料・農業・農村審議会 臨時委員
5. 2014/06~2017/03/31 広島市中央卸売市場中央市場整備検討委員会 委員
全件表示(13件)
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2014/03
食育入門-生活に役立つ食のサイエンス
共立出版
単著・共著の別:共著
2. 2015/04
アカデミックディベートについて
単著・共著の別:単著
3. 2016/04
アカデミックディベートについて
単著・共著の別:単著
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●①授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
シラバスに記載した授業の方針や授業計画に示した通りほぼ実施できた。期末試験の結果や、授業アンケート結果から、受講した学生からもそのように評価されている。
●②A 教育内容・方法の工夫
講義においては、①身近な話題を導入に用い専門知識や理論への興味関心を高めること、②ノートを取りやすい板書(PPTの掲示)計画の作成、③質問への丁寧な回答を行った。ゼミナールにおいては、出席確認とその日の学生の理解度を確かめるためのシャトルカード(学生と教員の間を往復するカード)を設け、学生の学習理解や質問に個別に対応する他、学生の意見をくみ上げゼミ全体で共有する等の工夫を行った。
●④学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
全ての授業において授業評価アンケートを実施し、また個別に半期に3回以上、授業に対する感想やコメントを書いてもらう機会を設け、PPTスライドの字の大きさや授業の進度等にその都度反映した。その結果、アンケートや感想にある学生のコメントは概ね好評であった。特に、写真などの視覚資料をあげつつ身近な事例を使った解説がわかりやすかったという意見が独自に行ったアンケートで複数あった。
●⑤授業公開の実施及び授業公開の参観状況
ゼミナールを公開し、2名の参観者から授業内容や学生の学習態度についての有益なアドバイスをいただいた。特に、グループワーク時における私語についての指摘を受け、グループワークの流れを課題ごとの細かなセグメントに分けるなどの工夫を行った。
●⑥学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
学生からの相談については勉学、生活、就職について複数の相談があったが、1つ1つ個別に時間をとり、複数回の面談を行うなど対応した。担当の単位僅少学生との面接も全て実施した。
●⑧学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
学生の課外活動について、活動内容や顧問就任について相談があり、対応した。