(最終更新日:2017-05-06 05:29:09)
  カドヤ アツシ   Atsushi Kadoya
  角谷 敦
   所属   広島修道大学  経済科学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
講義や会議のない時間帯に随時(あらかじめ連絡してください)
■ 現在の専門分野
●専門分野
数値計算, 最適制御理論 
●キーワード
偏微分方程式、数値シミュレーション、最適制御問題、形状最適化問題、経済の流れの予測 
●主な研究テーマ
1. 様々な非線形現象を記述した偏微分方程式の解の挙動の数値シミュレーション 
2. 様々な非線形現象を記述した偏微分方程式に対する最適制御問題 
●共同研究・研究相談が可能な内容
■ 学歴
1. 1988/04~1992/03 千葉大学大学院 自然科学研究科博士後期課程修了 博士(理学)、千大院自博甲第理5号
■ 所属学会
1. 1989/10~ 日本数学会
2. 1998/07~ 日本応用数理学会
3. 2005/05~ 数学教育学会
4. 2010/04~ 情報処理学会
5. 2014/07~ 日本分子生物学会
■ 著書・論文歴
1. 論文  心肥大関連因子ネットワークから導出される常微分方程式系に対する解の非負値性と動的平衡点の構造 (共著) 2016/03
2. 論文  QUASI-VARIATIONAL INEQUALITIES IN ECONOMIC GROWTH MODELS WITH TECHNOLOGICAL DEVELOPMENT (共著) 2014/11
3. 論文  A MATHEMATICAL MODEL FOR THE RECOVERY OF HUMAN AND ECONOMIC ACTIVITIES IN DISASTER REGIONS (共著) 2014/10
4. 論文  Revival model of human and economic activities in disaster region (共著) 2013/12
5. 論文  ECONOMIC GROWTH MODEL IN TWO REGIONS WITH MUTUAL DEPENDENCE (共著) 2013/11
全件表示(8件)
■ 授業科目
1. ゼミナールⅠ
2. ゼミナールⅡ
3. ゼミナールⅢ
4. ゼミナールⅣ
5. 研究指導
全件表示(17件)
■ 役職
1. 2014/04/01~2018/03/31 広島修道大学 経済科学研究科長
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2015/04
高校の学習指導要領の改訂も顧慮して、よりより演習課題となるよう新しい演習プリントの作成を行った。講義の進行に合わせて、ほぼ毎時間配布をしている。
単著・共著の別:単著
2. 2016/04
情報数学プログラム例プリント
単著・共著の別:単著
3. 2016/04
解析学演習プリント
単著・共著の別:単著
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●①授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
経済科学部の学生として必要な知識や考え方が身に付くように講義を行う際のテーマの選び方や講義を行う順番に 工夫をしている。講義の内容に応じて、演習用のプリントを配ったり、不足している知識を補うための講義を行うことで、 講義内容の理解への障害がなくなるように配慮をしている。  講義の方針や授業計画に従って講義を行うことができた。授業目標もほぼ達成できたと思われる。
●②A 教育内容・方法の工夫
学部で行っている組織的なFD活動等に参加し、その活動をふまえて情報数学や解析学等の講義で授業方法や扱う 題材を工夫し、改善した。シラバスの内容についても学部で行っているシラバスの点検活動に参加し、よりよいシラバスとなるよう改善した。  解析学においては講義内容の定着をはかるため、問題演習のプリントを配布し、プリントに関する事後指導も行った。  情報数学においては、プログラム言語の習熟度の低い学生のために必要な習熟度に達するようプログラム言語についての講義と実習を行った。
●④学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
授業アンケートを実施し、集計されたアンケート結果の分析を行っている。全体としては悪くない評価であったが、分析 結果に従って、講義内容の変更・例題等の入れ替え、配布するプリントの内容の改善・模範解答の修正などの改善を 行った。
●⑤授業公開の実施及び授業公開の参観状況
授業公開は行っていない。  2つの講義の公開授業を参観をした。
●⑥学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
学生の話をしっかりと聞き、勉強・就職・進路などの相談内容に応じて問題が解決するようにアドバイス等を行った。就職に関する相談が多く、キャリアセンターで情報の収集等も行うよう指導した。就職活動の際に提出するゼミ内容に関する文書についても指導を行った。  学部で行っている単位僅少者指導でも学生への指導を行った。