(最終更新日:2017-05-10 15:42:49)
  ニシノ ヤスヨ   Yasuyo Nishino
  西野 泰代
   所属   広島修道大学  健康科学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
火曜日3限
■ 現在の専門分野
●専門分野
教育心理学 
●キーワード
児童・生徒、問題行動、自己価値、いじめ、心理的自立 
●主な研究テーマ
1. 児童・生徒の問題行動に対する自己価値の役割 
2. いじめ 
3. 非行などの逸脱行為 
4. 学校ストレス 
5. 感情コンピテンス 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. ● 児童期,青年期の子どもたちを対象とした研究● 小学生,中学生,高校生の学校ストレスあるいは学校適応● 子どもの問題行動(反社会的問題行動および非社会的問題行動)● いじめといじめ被害● 自我の発達と適応● 自己実現 
■ 学歴
1. 2004/04~2008/03 名古屋大学大学院 教育発達科学研究科博士後期課程単位取得満期退学
2. 2009/05
(学位取得)
博士(心理学)
■ 資格・免許
1. 1979/03 高等学校教諭2級普通免許(外国語)
2. 1979/03 中学校教諭1級普通免許(外国語)
3. 2003/01 高等学校教諭 専修免許(外国語)
4. 2013/01 学校心理士
■ 所属学会
1. 2004/06~ 日本教育心理学会
2. 2004/09~ 日本発達心理学会
3. 2006/04~ 日本健康心理学会
4. 2007/05~ 日本パーソナリティ心理学会
5. 2007/10~ 日本心理学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2016/12  LINEコミュニケーションおけるトラブル行為の様態とパーソナリティと特性に関する研究 その他の補助金・助成金 
2. 2014/04~2018/03  いじめの連鎖:ピアプレッシャーに敏感な傍観者層はなぜ形成されるのか 基盤研究(C) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  仲間への同調傾性といじめ経験との関連について (単著) 2017/02
2. 論文  いじめの負の連鎖を予測する要因についての検討 (単著) 2015/12
3. 論文  中学生の逸脱行為に対する保護要因の検討 (単著) 2014/09
4. 論文  いじめ被害といじめ加害の立場の流動性に関する検討 (単著) 2014/02
5. 論文  感情コンピテンスとセルフエスティームの関連 (単著) 2013/09
全件表示(10件)
■ 学会発表
1. 2017/03/25 いじめ場面での親密度の違いによる傍観行動の生起と罪悪感(日本発達心理学会第28回総会)
2. 2016/12/10 学校におけるいじめ問題に関する国際比較(メンタルヘルス関連三学会 合同大会)
3. 2016/10 児童生徒のコミュニケーション・トラブルの 予防に向けて(1) ―現実場面のいじめ経験とネットいじめを予測する要因―(日本教育心理学会第58回総会)
4. 2016/08 A multilevel study of individual characteristics and classroom climate in explaining bystander behavior in bullying situations(31st International Congress of Psychology)
5. 2016/07 The moderating effect of school climate on bystander behavior in bullying(24th Biennial Meeting of the International Society for the Study of Behavioural Development)
■ 講師・講演
1. 2016/11 子どもの自律性の発達を促す関わり方とは(広島)
■ 授業科目
1. 演習Ⅰ
2. 演習Ⅱ
3. 演習Ⅲ
4. 演習Ⅳ
5. 教育心理学Ⅰ
全件表示(12件)
■ 担当経験のある科目
1. 心理学概論(中部大学)
■ 社会における活動
1. 2016/11~ (各種団体等の活動)学会誌への投稿論文の査読
2. 2016/11 学会誌への投稿論文に対する査読
3. 2016/11 子どもの自律性の発達を促す関わり方とは
4. 2016/11 生徒指導の在り方について
5. 2016/08 第2回廿日市市生徒会サミットへの協力
全件表示(14件)
■ 委員会・協会等
1. 2015/01~ 広島市青少年問題協議会 委員
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2016/04~2016/07 協同学習(アクティブラーニング)を取り入れた授業の実施
●作成した教科書、教材
1. 2016/04~ 授業内容理解のための教材作成
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2016/04~2017/01 学生による授業評価アンケートの結果
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2016/08/29 地域貢献につながる授業の実践
■ 教育に関する発表
1. 2015/08
協同学習の効果
広島修道大学
教員免許更新講習
単著・共著の別:単独
2. 2014/08
協同学習の成果
広島修道大学
教員免許更新講習
単著・共著の別:単独
3. 2013/08
協同学習について
平成25年度教員免許更新講習
単著・共著の別:単独
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2012/04
「教育心理学Ⅰ」「教育心理学Ⅱ」「初等生徒指導論」において、毎授業で講義内容に関する資料となる教材を作成し、学生に配布しました。学生はそれらを一冊のファイルに保管し、毎授業そのファイルを持参して授業に臨むように指示されました。
2. 2013/04
「教育心理学Ⅰ」「教育心理学Ⅱ」「初等生徒指導論」において、毎授業で講義内容に関する資料となる教材を作成し、学生に配布しました。学生はそれらを一冊のファイルに保管し、毎授業そのファイルを持参して授業に臨むように指示されました。
単著・共著の別:単著