(最終更新日:2017-10-30 09:44:26)
  タヤマ ケンジ   Kenji Tayama
  多山 賢二
   所属   広島修道大学  健康科学部
   職種   契約教員(教授)
■ オフィスアワー
事前予約をして下さい(昼休み時間帯などが可能)。
■ 現在の専門分野
●専門分野
応用微生物学, 食生活学 
●キーワード
●主な研究テーマ
1. 酢酸菌の応用 
2. 食材の物性解析 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 新食酢開発、酢酸菌の応用 
■ 学歴
1. 1974/04~1978/03 山口大学 農学部 卒業 農学士
2. 1978/04~1980/03 山口大学大学院 農学研究科 修士課程修了 農学修士 山口大学 第473号
3. 1993/12 東京大学 博士(農学)第11548号
■ 所属学会
1. 1975/12~ 日本農芸化学会
2. 2006/07~ 日本食品科学工学会
3. 2006/07~ 日本食品微生物学会
4. 2011/04~ 日本食生活学会
5. 2015/03~ 日本栄養改善学会
全件表示(8件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  第9章 食酢の歴史と製造技術 (単著) 2017/10
2. 著書  酢の機能と科学 食物と健康の科学シリーズ (共著) 2012/11
3. 論文  グルテンフリー高糖米粉パンの製造に適した酵母の分離およびこれを用いたパンの性質 (共著) 2017/08
4. 論文  Relationship between taste composition and sensory evaluation ratings of fruits (共著) 2017/01
5. 論文  いも・野菜類の物性に及ぼす塩味調味料の影響 (共著) 2017/01
全件表示(21件)
■ 学会発表
1. 2017/10/28 甘味の感じ方とゾル・ゲルの物性の関係(日本食生活学会第55回大会)
2. 2017/10/28 減塩すし酢用醸造酢の品質および減塩の仕組みの解析(日本食生活学会第55回大会)
3. 2017/10/01 スチームコンベクションオーブン加熱による各種食材の物性・浸透量の変化(日本家政学会中国・四国支部)
4. 2017/09/14 Relationship between taste composition and sensory evaluation ratings of fruits(日本栄養改善学会 第64回大会)
5. 2017/09/14 カボチャの物性および調味成分の拡散に及ぼすスチームコンベクションオーブンでの加熱の効果(日本栄養改善学会 第64回大会)
全件表示(7件)
■ 受賞学術賞
1. 1998/01 ミツカングループ社内表彰(内容は社外秘)
2. 2005/04 ミツカングループ社内表彰(研究開発者対象)
3. 2007/03 日本農芸化学会 技術賞 受賞(4名による共同受賞)
■ 取得特許
1. 1986/08/12 酸性ヘテロ多糖類AM-2(特許1369999)
2. 1993/08/10 酢酸菌recA遺伝子、それを含む プラスミド及び形質転換した酢酸菌(JPH05199887 - 特開平5-199887)
3. 1994/08/24 新規アルコールデヒドロゲナーゼおよびその製造法(特許1937251)
4. 1994/08/24 新規アルデヒドデヒドロゲナーゼおよびその製造法(特許1937252)
5. 1995/01/27 アルコール検出用試験紙(JPH0723798 - 特開平7-23798)
全件表示(13件)
■ 授業科目
1. 基礎化学
2. 総合教養講義a(食品と微生物)
3. 総合教養講義a(食品と微生物)
4. 総合教養講義a(食品と微生物)
5. 総合教養講義a(食品の安全)
全件表示(6件)
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目