(最終更新日:2017-05-01 17:00:45)
  キムラ ケイコ   Keiko Kimura
  木村 惠子
   所属   広島修道大学  人文学部
   職種   教授
■ 現在の専門分野
●専門分野
数学教育, 算術教育史 
●キーワード
算数教育、数学教育、算術教育史、 
●主な研究テーマ
1. 算数科授業における理解の研究, 
2. 算術教育実践史 
3. 日本型算数授業に関する研究 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 算数科授業,教員養成 
■ 学歴
1. 2007/04~2013/03 広島大学大学院 教育学研究科博士後期課程単位取得満期退学
■ 所属学会
1. 1999/05~ 日本数学教育学会
2. 2005/04~ 全国数学教育学会
3. 2007/04~ 日本教科教育学会
4. 2008/04~ 数学教育史学会
5. 2013/04~ 日本数学教育心理研究学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2018/03  歴史的アプローチによる日本型算数授業知の研究(課題番号 15K04466) 基盤研究(C) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  「算数・数学授業の質を捉える理論的視座に関する研究(2)-児童・生徒の物語的思考に焦点を当てて-」 (共著) 2016/10
2. 論文  TYPES OF INTERACTION THAT PROMOTE OR HINDER THE NARATIVE COHERENCE OF A MATHEMATICS LESSON (共著) 2016/08
3. 論文  「算数・数学授業の質を捉える理論的視座に関する研究ー物語の哲学の立場からー」 (共著) 2015/11
4. 論文  「Exploring how a mathematics lesson can become narratively coherent by comparing experienced and novice teachers' lessons」 (共著) 2015/07
5. 論文  「Examining the coherence of mathematics lessons in terms of the genesis and development of students' learning goals」 (共著) 2015/05
全件表示(12件)
■ 学会発表
1. 2017/01 「香取良範の算術科カリキュラムによる授業構成原理の研究-「算術教育要目」の検討を通して-」(全国数学教育学会 第45回研究発表会)
2. 2017/01 算数科教師に内在する授業構成原理に関する研究(全国数学教育学会 第45回研究発表会)
3. 2016/10 算数・数学授業の質を捉える理論的視座に関する研究(2)-児童・生徒の物語的思考に焦点を当てて-(日本数学教育学会第49回秋期研究大会)
4. 2016/08 TYPES OF INTERACTION THAT PROMOTE OR HINDER THE NARATIVE COHERENCE OF A MATHEMATICS LESSON(The International Group for the Psychology of Mathematics Education The 40th Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education)
■ 受賞学術賞
1. 2012/03 学会奨励賞
■ 授業科目
1. 教育学演習Ⅰ
2. 教育学演習Ⅱ
3. 教育学演習Ⅲ
4. 教育学演習Ⅳ
5. 教育学基礎演習
全件表示(19件)
■ 教育に関する発表
1. 2017/01
算数科教師に内在する授業構成原理に関する研究
全国数学教育学会
第45回研究発表会
単著・共著の別:共同
岡崎正和(岡山大学) 渡邊慶子(滋賀大学)
2. 2013/11
「文系大学生の数理的な認識形成を促す数学学習の構成に関する研究」
日本教科教育学会
日本教科教育学会第39回全国大会
単著・共著の別:単独
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2015/04
OHC教材、練習用教材を作成し、授業で活用した。