(最終更新日:2016-12-02 17:55:49)
  クリアリー ウィリアム バーナード   William Bernard Cleary
  W. B. Cleary
   所属   広島修道大学  法学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
Tuesday and Wednesday, 16:00 to 18:00
■ 現在の専門分野
●専門分野
比較法, 鑑定証人・アメリカ法 
●キーワード
California Bar Association、New York Bar Association、Guam Bar Association、West Virgina Bar Association 
●主な研究テーマ
1. US-Japan Contemporary Comparative Law; Civil Litigation/Criminal Procedure, etcs. 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. Foreign Law 
■ 学歴
1. 1987/04~1990/03 北海道大学大学院 法学部 博士課程修了 法学博士 No.2689
■ 所属学会
1. California Bar Association
2. Guam Bar Association
3. Member of California
4. New York Bar Association
5. New York,
全件表示(9件)
■ 授業科目
1. ゼミナールⅠ
2. ゼミナールⅡ
3. ゼミナールⅢ
4. ゼミナールⅣ
5. 外国法
全件表示(14件)
■ 委員会・協会等
1. 2008/02~2024 Expert Witness US and Japanese Courts
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●①授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
I require my students to visit the Hiroshima District Court and to observe a real trial, and make a report thereafter.
●②A 教育内容・方法の工夫
To allow students to make presentations in a skillful and professional manner.
●④学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
I encourage my students in all classes to complete the class evaluation forms.
●⑤授業公開の実施及び授業公開の参観状況
I still have not done this.
●⑥学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
Several students visit my office for advice on how to master legal education.
●⑧学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
I am the academic advisor for the basketball team.