アハマ シホリ   AHAMA Shihori
  阿濱 志保里
   所属   広島修道大学  経済科学部
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/03
形態種別 学術論文
査読 査読有り
標題 知的財産学習の学習適時性に関する探索的研究
執筆形態 共著
掲載誌名 テクノロジー教育
掲載区分国内
出版社・発行元 日本産業技術教育学会中国支部
巻・号・頁 8,7-16頁
著者・共著者 阿濱志保里,阿濱茂樹
概要 知的財産に関する良質な学習指導を行うには,学習者の状況を理解したうえでカリキュラム開発や指導方法の検討を行うことが必要である.また,知的財産に関する学習内容は社会的な素養の習得しつつ,学習内容の理解を深めることが求められるため,学習適時性の検討も求められる.本研究では,学校教育で知的財産を効果的に学ぶことを目的に,大学生に対して学習者ニーズの調査を行い,定量的な分析を試みた.その結果,過去に知的財産に関する学習経験がある学習者は,初等中等教育において著作権や産業財産権に関する学習を行うことが必要であると考えていることが明らかになった.また,著作権は産業財産権よりも早期で取り扱うことが必要であると考えている傾向であることも分かった.さらに,創作意欲の高い学習者においても,大学入学前の早い段階での教育ニーズがあることが明らかになった.