アソヌマ ハルナ   ASONUMA Haruna
  阿曽沼 春菜
   所属   広島修道大学  国際コミュニティ学部
   職種   助教
言語種別 英語
発行・発表の年月 2016/05
形態種別 学術論文
標題 Sir Horace Rumbold and Japan (1909-1913)
執筆形態 共著
掲載誌名 STICERD(LSE, International Studies Discussion Paper)
掲載区分国内
巻・号・頁 No. IS/2016/586,pp.1-18
著者・共著者 Sochi Naraoka との共著
概要 英国外交官ホレイス・ランボルドは、第二次世界大戦前に駐独大使(1928-33)を務め、ナチ・ドイツの台頭に早くから警鐘を鳴らしたことで知られる。本稿は、ランボルドが参事官として日本駐在中(1909-13)に記した日記からその対日観を明らかにした。ランボルドは、日本の韓国併合や中国大陸での拡張主義を警戒し、日英同盟更新に反対した。通説では同時期の日英関係は良好に推移していたとされるが、後にイギリス外交で枢要な地位を占める人物がすでに日英の齟齬に注目していたことを指摘した。