コウモト ヤヨイ   KOMOTO Yayoi
  光本 弥生
   所属   広島修道大学  人文学部
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/12
形態種別 学術論文
標題 虚構的保育活動場面における乳幼児の変容と指導課題についての考察
執筆形態 単著
掲載誌名 広島修道大学教職フォーラム(教職課程年報)
掲載区分国内
出版社・発行元 広島修道大学
巻・号・頁 11,23-30頁
頁数
概要 保育カンファレンスにおいて、2016年から2017年に提案された保育実践提案より、ごっこ遊びなどの虚構的活動における子どもたちの関わりの変容場面を抽出し、子ども同士を繋ぐ要素について整理した。さらに、保育カンファレンス内容を踏まえて、年齢による傾向、場面の発達的意味考察している。接続期における幼児期の虚構的協同活動は,実務的要素の高い活動に対して,虚構と現実,想像と創造の二重に往還の成立を可能とする。そこにこそ,学びと遊び,自立と共生を統合する有効性の高さがみえる。しかし、幼児期にみられる内的世界にみる他者との相補関係を基盤することなしに、実務的な目的の共有を成立させることの形式化は問題であり、情動を共有し、個のイメージの醸成を経て生まれる子ども同士の関わりにこそ、幼児期の課題があることが明らかとなった。