カタヤマ ショウヘイ   KATAYAMA Shohei
  片山 尚平
   所属   広島修道大学  経済科学部
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2023/02
形態種別 その他の研究業績
標題 COVID-19のマクロ経済学
執筆形態 単著
掲載誌名 経済科学研究
掲載区分国内
出版社・発行元 広島修道大学
巻・号・頁 26(2),63-71頁
頁数 9
担当範囲 全部
著者・共著者 片山尚平
概要 COVID-19の影響をマクロ経済学の視点から考察した。コロナ感染拡大により直接的には総供給曲線の左方シフトが発生し、次いで総需要曲線も左方シフトする。両曲線のシフトにより、GDPや雇用への衝撃は大きいが、需要曲線シフトによる追加の失業分は拡張的な総需要政策によって回避可能である。SIRモデルが感染の流行を説明する。未感染者の一部が感染者に移り、感染者の一部が回復者になる。実効再生産数が1を超えれば感染が広がり、1を下回れば感染が収まる。感染率の低下、回復率の上昇は実効再生産数を減少させ、感染の流行を緩和する。