藤井 文子
   所属   広島修道大学  健康科学部
   職種   契約教員(教授)
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2013/06
形態種別 学術論文
査読 査読有り
標題 嚥下食の標準化による地域一体型栄養サポートチームの構築~勉強会と料理教室による食の地域連携~
執筆形態 共著
掲載誌名 日本病態栄養学会誌
掲載区分国内
巻・号・頁 16(2),179-189頁
頁数 11
著者・共著者 ◎藤井文子,岡崎真由美,杉本みき, 大杉弘子,赤松貴代,,山本美穂,山崎幸, 上野義智,岡田憲三, 江口透, 黒田恭子,清家仁,西本幸恵,引野敦子,松田裕子,都能綾子
概要 嚥下の困難な患者にとっては食形態が不適切であると、栄養不良、脱水、誤嚥性肺炎の原因となり栄養状態が悪化する可能性がある。適切な物性の嚥下食を研究するため、物性測定を導入し、90以上の検体の難さ、付着性、凝集性について調査した。これら客観的な指標を用いることで嚥下食の標準化を試みた。標準化された作り方を、「嚥下食地域連携勉強会」を立ち上げ、地域施設に広報し、情報提供した。また、患者家族や市民には嚥下食料理教室を開催したことで、地域において栄養問題の解決につなげたことを論じている。