イシダ タカシ   ISHIDA Takashi
  石田 崇
   所属   広島修道大学  人文学部
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/11
形態種別 学術論文
標題 「「人」と「モノ」の間の言語学–自己中心性と公的表現・私的表現の観点から–」
執筆形態 共著
掲載誌名 電子情報通信学会技術研究報告(信学技報)HCS
掲載区分国内
出版社・発行元 電子情報通信学会
巻・号・頁 118(278),1-6頁
著者・共著者 石田崇・納谷亮平
概要 本論文は、納谷・石田 (2018)の分析を拡張し、人とモノの間の言語使用の例として地図上の表示や掲示板、交通標識などの表現を扱う。廣瀬による一連の研究 (Hirose (1995, 2000), 廣瀬 (1997)他) では、言語使用において中心となる主体が、日本語と英語では異なると仮定されてきた。英語は公的自己中心言語であり、公的表現が無標である一方、日本語は私的自己中心言語であり、私的表現が無標である。本論文では、このような違いがモノとの関係においても現れることを提案した。
※共同研究につき本人担当部分抽出不可能