柳迫 周平
   所属   広島修道大学  法学部
   職種   助教
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2020/08
形態種別 学術論文
査読 査読有り
標題 フランス実親子法における「意思的要素」とされるものに関する構造的分析(1)
執筆形態 単著
掲載誌名 民商法雑誌
掲載区分国内
出版社・発行元 有斐閣
巻・号・頁 156(3),518-550頁
概要 法的親子関係の決定要素として挙げられる意思という要素が、親子関係の存否確定においていかなる役割を果たしているのかを明らかにする必要があるのではないかという問題意識の下、意思的要素を重視していると紹介されてきたフランス法の研究を行い、日本法研究のための示唆を得ることを目指した。(1)では、法的親子関係の第1次的な確立に関するフランス法上の制度を検討し、意思という要素が様々な形で問題となっていることを示した。担当範囲:518~550頁