光森 幸子
   所属   広島修道大学  人間環境学部
   職種   外国語契約教員(講師)
発表年月日 2022/09/10
発表テーマ ハーストン戯曲における黒人女性の自律 ―初期劇『カラー・ストラック』の考察―
会議名 日本ウィリアム・フォークナー協会第25回全国大会
主催者 日本ウィリアム・フォークナー協会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 Zoom経由でのオンライン開催
概要 先行研究の多くは、黒人女性主人公のエマを、カラリズムという価値観に自ら囚われた結果、自己を破滅させた女性と捉えている。それに対し、まず批評家デイヴィッド・クラズナーの主張する、恋人のジョンが持つ「可動性」を確認する。その際、アメリカにおけるカラリズムについて、その歴史的起源を基にジョンの変化の理由を読み解く。次にエマが、南部に残される黒人女性を体現している点に着目し、カラリズムが黒人女性に与える有害な影響を考察する。そしてハーストンの1934年に著した評論、「黒人表現の特徴」から、自尊心に目覚めたエマの姿に、劇作家ハーストンが託した黒人表象の特徴を明らかにする。