柳迫 周平
   所属   広島修道大学  法学部
   職種   助教
発表年月日 2022/06/05
発表テーマ 生殖補助医療により生まれた子の親子関係の民法上の位置づけの再検討-第3の親子の可能性とその課題
会議名 家族法フォーラム
学会区分 国内的な研究会・シンポジウム等
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 オンライン形式
発表者・共同発表者 柳迫周平
概要 既存の民法典には法的親子関係の類型として実子と養子の2種類を設けているが、生殖補助医療により生まれた子の親子関係を規律する上では、既存の類型に当てはめることで対応可能なのか、むしろどちらでもない新たな親子の類型を創設することが理論的観点から見ると必要なのではないかという問題意識から、民法典上の親子の類型について興味深い展開を示した2021年のフランス生命倫理法改正の内容を紹介検討することで、この問題を考えていくうえでフランス法からどのような示唆が得られるのかということを示した。