ナカイ ノリオ   NAKAI Norio
  中井 教雄
   所属   広島修道大学  商学部
   職種   教授
期間 2019/04~2022/03
タイトル (各種団体等の活動)同志社大学人文科学研究所第4研究
種別 調査
イベント・番組・新聞雑誌名 ASEANの連結と亀裂の研究:供給連鎖・資源・領有権の東アジア的地経学・地政学
役割 パネリスト,コメンテーター,司会,編集,講師,助言・指導,企画,運営参加・支援,調査担当,報告書執筆,その他
役割名 嘱託研究員(社外)
主催者・発行元 同志社大学人文科学研究所
場所・掲載箇所 同志社大学
対象 大学院生,教育関係者,研究者,社会人・一般,学術団体
概要 本研究の目的は、ASEAN(東南アジア諸国連合)加盟国間、及びそれらを含む東アジア諸国間において、生産・貿易・投資を通じて形成されている経済的連結関係とそれに亀裂をもたらしている政治的緊張関係との相互作用について調査研究することである。その上
で、ASEANとその加盟国が今後東アジア全域の平和と繁栄のために指向すべき針路を構想する。本研究では、以上の目的を追求するために「東アジア大の地経学と地政学」という方法論的枠組みを設定する。地経学的な分析においては特にASEAN加盟国の域内外に形成
されている供給連鎖(サプライチェーン)と域内固有資源の開発・利用を、地政学的な分析においては資源開発とも関連する領有権問題を軸に調査分析を行う。組織的には、経済学・政治学を始め目的遂行に必要な社会科学諸分野の専門家で学際的な共同研究体制を組み、期間内に分野横断的な共同著作を最終成果として刊行する。この体制の特色は、制度やマクロ的事象とASEAN加盟10ヶ国それぞれの政治経済を研究対象に、上記の方法論的枠組みから効果的にアプローチできるよう構成されているところにある。