(最終更新日:2017-11-27 05:13:03)
  ツヅキ ユタカ   TSUZUKI Yutaka
  都築 寛
   所属   広島修道大学  経済科学部
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
●専門分野
解析学基礎 
●キーワード
実函数論 
●主な研究テーマ
●共同研究・研究相談が可能な内容
■ 学歴
1. 2013/04~2016/03 東京理科大学大学院 理学研究科 数学専攻博士後期課程修了 博士(理学)甲第1279号
■ 所属学会
1. 2013/04~ 日本数学会
■ 著書・論文歴
1. 論文  Solvability of p-Laplacian parabolic equations with constraints coupled with Navier–Stokes equations in 3D domains by using largeness of p (共著) 2017/04
2. 論文  Classical solutions of the Vlasov–Poisson equations with external magnetic field in a half-space (共著) 2017/03
3. 論文  Existence and uniqueness of solutions to heat equations with hysteresis coupled with Navier–Stokes equations in 2D and 3D (単著) 2015/09
4. 論文  Existence of solutions to heat equations with hysteresis coupled with Navier–Stokes equations in 2D domains (単著) 2015/03
■ 授業科目
1. ゼミナールⅠ
2. ゼミナールⅡ
3. ゼミナールⅢ
4. ゼミナールⅣ
5. 解析学Ⅰ
全件表示(12件)
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2017/09
初年次セミナー 第〇回 講義資料
初年次セミナー
単著・共著の別:単著
2. 2018/09
初年次セミナー 第〇回 講義資料
初年次セミナー
単著・共著の別:単著
3. 2019/12
初年次セミナー第13回授業資料
初年次セミナー_68
単著・共著の別:単著
4. 2020/01
初年次セミナー第14回授業資料
初年次セミナー_68
単著・共著の別:単著
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
前年度と同様にシラバスに明示した通りの授業を行い、成績評価基準に沿って適切に評価した。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
授業の内容・方法において前年度と比べて大きな工夫点・変更点はないが、練習問題の質と量をより充実させることで、学生の勉強する機会を増やすことに努めた。
●3.(1)国際学会、国内学会、研究会等における発表など
該当なし。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
慣れないオンライン授業に対する非常に拙い授業を行ったことがアンケートに顕著に表れたので、その点を重く受け止めて改善につなげた。例えば、課題が必要以上に難しすぎる点や、それに対するフィードバックが遅かった点に対して改善に努めた。
●5.公開授業の実施状況
授業を公開していない。
●7.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
単位僅少学生への指導・相談受けを行い、適宜対応した。
●9.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
該当なし。