(最終更新日:2022-06-11 12:40:00)
  ニシミツ キショウ   NISHIMITSU Kisho
  西光 希翔
   所属   広島修道大学  人文学部
   職種   准教授
■ オフィスアワー
事前に連絡をしてください。
■ 現在の専門分野
●専門分野
アメリカ文学, アメリカ文化 
●キーワード
アメリカ黒人文学、トニ・モリスン 
●主な研究テーマ
1. トニ・モリスン作品における声なき人々の物語の再構築 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. アメリカ黒人文学研究、トニ・モリスン研究 
■ 学歴
1. 2015/04~2018/03 関西学院大学 文学研究科博士課程後期課程 文学言語学専攻英米文学言語学領域単位取得満期退学
2. ~2022/03 関西学院大学 文学研究科博士課程後期課程 文学言語学専攻英米文学言語学領域 博士(文学)甲文209号
■ 所属学会
1. 2013/04~ 関西学院大学英米文学会
2. 2015/04~ 日本アメリカ文学会
3. 2015/07~ 日本英文学会
4. 2019/04~ 日本ウィリアム・フォークナー協会
5. 2020/04~ 中・四国アメリカ学会
■ 著書・論文歴
1. 論文  Reconstruction of the Story of the Voiceless: Narrative Structure, Fragmentation, and the Reader’s Participation in Toni Morrison’s Novels (単著) 2022/03
2. 論文  声なき幼子の苦痛――『タール・ベイビー』における戦略的不在 (単著) 2021/09
3. 論文  追体験する主体―もう一人の娘から読むBeloved― (単著) 2021/06
4. 論文  語られない愛――Toni MorrisonのLoveにおける写真と証言 (単著) 2018/10
5. 論文  芸術家のジレンマ――理想と現実の"The Artist of the Beautiful" (単著) 2018/03
■ 学会発表
1. 2022/06/11 靴と人形――A Mercyにおける孤児たちのトラウマ(中・四国アメリカ文学会第50回大会)
■ 授業科目
1. Reading Ⅰ
2. Reading Ⅱ
3. 英語リーディングⅠ
4. 英語リーディングⅡ
5. 英米の言語文化Ⅵ(アメリカの現代文学)
全件表示(11件)
■ 主要学科目
英米の言語文化
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2020/04
アメリカ南部の歴史・文化の理解のためのPower Pointスライドおよびハンドアウト
地域文化研究I
単著・共著の別:単著
2. 2020/04
アメリカ現代文学を学ぶためのPower Pointスライド
英米の言語文化Ⅵ(アメリカの現代文学)
単著・共著の別:単著
3. 2021/04
アメリカ西部の歴史・文化の理解のためのPower Pointスライドおよびハンドアウト
地域文化研究II
単著・共著の別:単著
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
シラバスを遵守して授業と成績評価を行った。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
全ての授業において、教員からの質問に「答えること」ではなく、「考えること」の重要性を繰り返し強調した。誤答に対しては、なぜそのように考えたのかを尋ね、何が間違えていたのかを明確にしていった。また考えた上での誤答はしっかりと褒めることで、「考えること」の大切さを意識させた。このような授業運営により、学生が積極的に発言できる雰囲気が醸成され、主体的な授業参加に繋がった。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
20年度とは異なり、前期は全て対面授業で実施であった。前年度の経験、授業アンケートなどを検討した上で授業を実施した。アンケートの結果としては概ね、好評であった。英語科目では前年と同じく、学生が何を理解していないのかを考えながら、どう教えれば理解できるのかを意識した。結果的に、「先生が生徒の反応を見ながら問題を生徒に出していたので一人一人にとっていい勉強になりました」というコメントがあり、この点は継続していきたいと考えている。20年度の課題であったゼミナールでは、授業方法は変えず、質問の仕方を工夫、また教員側の質問の意図まで考えていくことを意識させた。アンケート結果としてはゼミナールA・Cいずれも好評で、「難しい英語の作品や内容の作品でも、ひとつひとつじっくり考えるのが楽しかった」とのコメントもあり、改善へ繋がった。
●7.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
単位僅少学生には面談を実施している。また留学、進路、学習などに対する相談には全て対応している。