(最終更新日:2021-06-24 11:09:14)
  カシマ ナオミ   KASHIMA Naomi
  鍛島 尚美
   所属   広島修道大学  健康科学部
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
●専門分野
食生活学 
●キーワード
食事誘発性熱産生、食欲、食物への注意 
●主な研究テーマ
1. 食べ方が食後の生理応答に及ぼす影響 
●共同研究・研究相談が可能な内容
■ 資格・免許
1. 2003/03 栄養士免許(広島県 第21317号)
2. 2003/11 管理栄養士名簿登録(第110756号)
3. 2017/06 栄養教諭一種免許状(平二九栄一第四号)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~  食事中の食物への注意が食後の熱産生と満腹感に及ぼす影響 若手研究(B) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  リハビリテーションに役立つ栄養学の基礎 第2版 (共著) 2018/03
2. 論文  Suppression of Oral Sweet Sensations during Consumption of Sweet Food in Humans: Effects on Gastric Emptying Rate, Glycemic Response, Appetite, Food Satisfaction and Desire for Basic Tastes. (共著) 2020/05
3. 論文  食物への注意が食後の食欲に及ぼす影響 (共著) 2017/09
4. 論文  Food Flavor Perception as Expressed via Sensory Spectrograph (共著) 2016/02
5. 論文  A Lipid-Lowering Diet Combined with Exercise is Effective for Achieving Healthy Serum Cholesterol in a Male with a Predisposition for Developing Hyperlipidemia (Dyslipidemia): A 20-Year Case Study (共著) 2013/11
■ 授業科目
1. 応用栄養学Ⅰ
2. 応用栄養学Ⅱ
3. 応用栄養学Ⅲ
4. 応用栄養学実習
5. 応用栄養学実習
全件表示(16件)
■ 主要学科目
応用栄養学
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2018/03
リハビリテーションに役立つ栄養学の基礎 第2版
医歯薬出版
単著・共著の別:分担
2. 2018/06
応用栄養学Ⅰ教材
応用栄養学Ⅰ
単著・共著の別:単著
3. 2018/06
応用栄養学確認問題(Moodle)
応用栄養学Ⅰ・Ⅱ
単著・共著の別:単著
4. 2018/09
応用栄養学Ⅱ教材
応用栄養学Ⅱ
単著・共著の別:単著
5. 2018/09
食安全性学教材
人文学部特別講義 食安全性学
単著・共著の別:単著
全件表示(9件)
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
授業の初回において,学習の到達目標や授業計画,授業外学習の課題,成績評価の方法・基準について説明した。加えて,毎回の授業時に,授業内容と目標を明確に伝えた。前期は一部がオンライン授業となったが,シラバスに記載している授業計画どおりに授業を実施する事ができた。成績評価はシラバスに記載した方法・基準に沿って行った。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
講義では,授業外学習用の課題プリントを毎回配布し,学生の授業外学習を促すようにした。授業後はMoodle上に復習問題を公開し,学生の理解が深まるよう工夫した。復習問題とともに,授業で理解したこと,授業への質問をMoodleで送信してもらい,次の授業で学生全体にフィードバックを行った。 実習では,課題について初めに自分で考えをまとめ,次に学生間でディスカッションし,再度自分で考えてレポートを作成することとした。他者と議論し,課題について深く考察することを通して,思考力,判断力,表現力,協創力を養うことができるよう工夫した。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
すべての科目において授業評価アンケートを実施し,特に自由記述欄に書かれた内容についての改善を行った。また,毎回の授業後にMoodleで授業への意見を求め,対応した。
●7.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
学生からの勉学や生活等に関する相談に対し,個別に面談を行い,継続的に支援した。チューターを担当している単位僅少学生には,対面または電話での相談・指導を行った。