(最終更新日:2017-07-07 15:03:01)
  ユン スウミ   Yoon Sumi
  尹 秀美
   所属   広島修道大学  法学部
   職種   准教授
■ オフィスアワー
金曜日2限目(10時45分ー12時15分)*出張や会議などで不在の場合があるので、事前にメールなどで連絡ください。
■ 現在の専門分野
●専門分野
対照言語学、社会言語学 
●キーワード
韓国語教育、談話分析、呼びかけ表現 
●主な研究テーマ
1. 日本語と韓国語の談話の比較 
●共同研究・研究相談が可能な内容
■ 学歴
1. 2009/04~2012/03 金沢大学大学院 人間社会環境研究科 人間社会環境学専攻博士後期課程修了 博士(文学)人博甲第14号
■ 所属学会
1. 2008/06~ International Circle of Korean Linguistics(国際韓国言語学会)
2. 2008/06~ The Japanese Society for Language Science(言語科学会)
3. 2009/09~ International Association for Intercultural Communication Studies (国際異文化間コミュニケーション)社
4. 2011/06~ 社会言語科学会
5. 2011/07~ 語彙研究会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/04~  A Contrastive Study of Responsibility for Understanding Utterances between Japanese and korean 研究成果公開促進費 
■ 著書・論文歴
1. 著書  A Contrastive Study of Responsibility for Understanding Utterances between Japanese and Korean (単著) 2014/02
2. 著書  A Contrastive Study of Responsibility for Understanding Utterances between Japanese and Korean (単著) 2014/02
3. 論文  日本人の韓国人に対するイメージに関する調査研究-金沢大学学生の「初習言語」学習者間の比較を通して-(その3) (共著) 2016/03
4. 論文  A Study on the Evaluating Concept of "Politeness" in Chinese and Korean Verbal (共著) 2015/03
5. 論文  How to Give an Opinion in Korean and Japanese: I think VS You think (単著) 2015/03
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2017/06/29 Address Terms between Korean-Japanese Married Couples(The 20th Meeting of the International Circle of Korean Linguistics)
■ 授業科目
1. 韓国・朝鮮語Ⅰ
2. 韓国・朝鮮語Ⅱ
3. 韓国・朝鮮語Ⅲ
4. 韓国・朝鮮語Ⅳ
5. 言語と文化Ⅲ(韓国・朝鮮)
全件表示(6件)
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2014/04
『ハングル文字と発音』
田中昭文堂
単著・共著の別:共著
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
目標通り行った。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
『韓国・朝鮮語Ⅰ~Ⅳ」は専攻別にクラスが分けられているため、それぞれの履修者が興味を持ちそうな内容を中心に授業の内容を調整した。例えば、法律学科のクラスでは、韓国の面白い法律を紹介したり、教育学科のクラスでは韓国の教育制度についてより詳しく紹介した。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
アンケートを実施し、その結果に基づいて低評価や高評価を分析し、授業方法などを工夫する際活用している。
●6.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
担当授業の履修生、授業は履修していないが韓国語の勉強をしているかまたは韓国に興味を持っている学生とメールやオフィスアワーなどを利用し質問などに対応した。単位僅少学生と週1回面談し、従業への出席や学習の進行状況などを一緒に確認した。
●8.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)