photo
    (最終更新日:2023-01-21 11:59:56)
  オカニシ マサノリ   OKANISHI Masanori
  岡西 政典
   所属   広島修道大学  人間環境学部
   職種   助教
■ オフィスアワー
講義中や講義終了後を含めて、質問については常に受け付ける。もしくは担当者宛メールにて対応する
■ 現在の専門分野
●専門分野
動物系統分類学, 多様性生物学 
●キーワード
フィールド科学,深海,分子系統解析,化石,新種 
●主な研究テーマ
1. 海産動物クモヒトデ類の系統分類学的研究 
2. クモヒトデ類の環境指標生物としての有用性の評価 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 多様性生物学・分子系統学・海洋環境科学 
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2022/04~2025/03  網羅的サンプリングに基づく深海底生動物の多様化機構解明 基盤研究(B)  Link
2. 2021/04~2024/03  博物館標本DNAに基づく海産無脊椎動物ニシキクモヒトデの保全学的研究 基盤研究(C) (キーワード:海洋保全 / 次世代シーケンサー / MIg-seq / 潮下帯 / クモヒトデ) Link
3. 2020/04~2025/03  琉球列島の洞窟水圏環境における生物多様性の解明 研究課題 基盤研究(C) (キーワード:洞窟水圏 / 生物多様性 / 生物相 / 海底洞窟 / 琉球列島 / アンキアライン環境 / 洞窟水圏環境) Link
■ 著書・論文歴
1. 著書  生物を分けると世界が分かるー分類すると見えてくる、生物進化と地球の変遷 (単著) 2022/07
2. 著書  新種の発見 ―見つけ、名づけ、系統づける動物分類学 (単著) 2020/04
3. 論文  Molecular phylogeny of the genus Nipponnemertes (Nemertea: Monostilifera: Cratenemertidae) and descriptions of 10 new species, with notes on small body size in a newly discovered clade (共著) 2022/07
4. 論文  Taxonomy and distribution of deep benthos collected in and around the Southern Ocean during the 30th Anniversary expeditions of R/V Hakuho Maru: Annelida, Mollusca, Ostracoda, Decapoda, and Echinodermata (共著) 2022/06
5. 論文  Fossil lateral arm plates of Stegophiura sladeni (Echinodermata: Ophiuroidea: Ophiurida) from the Middle Pleistocene of Japan. (共著) 2022/04
全件表示(34件)
■ 学会発表
1. 2022/06/04 日本南方沖より得られたツルクモヒトデ目(棘皮動物門:クモヒトデ綱)について(日本動物分類学会第57回大会)
2. 2021/09/02 現生・化石の研究から見えてきた相模湾産クモヒトデ類の自然史と環境指標生物としての応用の可能性(日本動物学会第92回米子大会)
3. 2021/07/03 横須賀市馬堀の横須賀層より 産出したクモヒトデ綱の微小な骨片化石について(日本古生物学会2021年例会)
4. 2021/06/05 三崎臨海実験所周辺のクモヒトデについて(第56回日本動物分類学会大会)
■ 授業科目
1. 環境プロジェクト
2. 自然をみるa
3. 初年次セミナー
4. 生物学
5. 生物学
全件表示(8件)
■ 社会における活動
1. 2022/01~2022/01 (講演会)クモヒトデ類の自然史研究からわかること  ~フィールドワークに基づくアプローチ~
2. 2021/08~2021/08 (新聞等の記事等への対応)海は新種の生物の宝庫
3. 2021/07~2021/07 (新聞等の記事等への対応)90年ぶりの新種発見
4. 2021/07~2021/07 (新聞等の記事等への対応)90年ぶりクモヒトデ新種
5. 2021/07~2021/07 (新聞等の記事等への対応)クモヒトデの新種発見
全件表示(7件)
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目