(最終更新日:2022-05-31 13:55:51)
  キムラ カズミ   KIMURA Kazumi
  木村 和美
   所属   広島修道大学  人文学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
火曜2限
■ 現在の専門分野
●専門分野
教育社会学 
●キーワード
同和教育、人権教育、道徳教育 
●主な研究テーマ
1. 同和教育、人権教育、道徳教育の再構築 
●共同研究・研究相談が可能な内容
■ 著書・論文歴
1. 著書  教育学のグラデーション (共著) 2022/04
2. 論文  人権教育と道徳教育の関係性に関する一考察-育成したい資質・能力の観点から- (単著) 2022/03
3. 論文  「我が事」として考える人権教育の在り方について (単著) 2021/02
4. 論文  道徳科教科書にみるジェンダー・メッセージ─教材「ブラッドレーのせいきゅう書」に着目して─ (単著) 2020/02
5. 論文  人権の視点から考える道徳科教科書―小学校第5学年、第6学年の「親切、思いやり」に着目して― (単著) 2019/02
全件表示(8件)
■ 講師・講演
1. 2021/10 部落問題を考える(広島県庁)
■ 授業科目
1. 教育学演習Ⅰ
2. 教育学演習Ⅱ
3. 教育学演習Ⅲ
4. 教育学演習Ⅳ
5. 教育研究演習Ⅰ
全件表示(16件)
■ 社会における活動
1. 2021/08~2021/08 (公開講座)広島修道大学教員免許状更新講習
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2017/04
講義用レジュメ
単著・共著の別:単著
2. 2018/09
配布資料
教育社会学、人権教育論、中等道徳教育論
単著・共著の別:単著
3. 2019/04
配布資料
差別問題論
単著・共著の別:単著
4. 2019/09
配布資料
教育社会学、人権教育論、中等道徳教育論
単著・共著の別:単著
5. 2020/04
配布資料
差別問題論
単著・共著の別:単著
全件表示(8件)
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
シラバスに明示した通りに授業を行い、成績評価基準に沿って評価した。学生同士の学び合いを重視し、グループワーク等を工夫しながら実施した。授業目標も概ね達成できた。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
配布資料をMoodleにアップし、予習・復習ができるようにした。授業の最初に前回の授業の振り返りを取り入れ、復習できるようにした。授業の中で学生同士の学び合いの時間を取り入れるように工夫した。 学生の学習理解度を把握するための確認テストを行った。
●3.(1)国際学会、国内学会、研究会等における発表など
特になし。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
学生による本学の授業評価アンケートを実施、分析、活用した。対面授業・非対面授業ともに、おおむね受講生は授業に集中できていたことが分かった。授業前後に「まったく勉強していない」割合は減っていってはいるが、まだ一部の科目では1割ほどはいるため改善したい。
●5.公開授業の実施状況
中等道徳教育論で授業を公開したが参観者がいなかった。
●7.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
学生からの勉学に関する相談や、進路・就職及び休学等の相談に十分に対応できた。
●9.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
特になし。