photo
    (最終更新日:2022-06-21 16:45:31)
  ヤマオ リョウ   YAMAO Ryo
  山尾 涼
   所属   広島修道大学  人文学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
月曜日3限
■ 現在の専門分野
●専門分野
ドイツ語圏文学, ヨーロッパ文学, ドイツ語教授法 
●キーワード
近代以降のドイツ語圏文学および文化、フランツ・カフカ、アントロポロギー、人間/動物像および身体観、第二外国語としてのドイツ語の語彙の学習法 
●主な研究テーマ
1. フランツ・カフカの動物物語 
2. ドイツ文学史/思想史におけるポストヒューマニズム的な萌芽 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. フランツ・カフカ、近代以降のヨーロッパにおける人間観 
■ 学歴
1. 2004/04~2010/03 名古屋大学大学院 文学研究科 ドイツ文学専攻博士後期課程単位取得満期退学
2. 2010/12
(学位取得)
博士(文学)文博第二八五号
■ 所属学会
1. 2009/05~ 日本独文学会
2. 2010/04~ 日本オーストリア文学会
3. 2014/04~ 愛媛日独協会
4. 2014/04~ 日本病跡学会
5. 2018/04~ 日本オーストリア文学会
全件表示(6件)
■ 職歴
1. 2005/04~2014/03 愛知工業大学 非常勤講師
2. 2007/04~2010/08 愛知工業大学 エクステンションセンター 講師 ※なお、留学期間(平成19年10月~平成20年9月)中は休職し、帰国後に復職した
3. 2009/04~2014/03 岐阜大学 非常勤講師
4. 2009/04~2014/03 愛知淑徳大学 非常勤講師
5. 2010/04~2011/03 名古屋大学大学院 文学研究科 博士研究員
全件表示(10件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  『Viel Glück! ドイツ語でチャレンジ Ver. 2』 (単著) 2021/03
2. 著書  『フィール・グリュック!-ドイツ語でチャレンジ』 (単著) 2017/03
3. 著書  „Bildlichkeit und Schriftlichkeit in der deutschen Kultur zwischen Barock und Gegenwart. Mit aktuellen Ansätzen aus der Kultur-wissenschaft und der Literatur“ (Studienreihe der Japanischen Gesellschaft für Germanistik) (共著) 2015/05
4. 著書  カフカの動物物語 〈檻〉に囚われた生 (単著) 2015/03
5. 著書  『フロイトの彼岸―精神分析、文学、思想』(日本独文学会研究叢書) (共著) 2014/10
全件表示(9件)
■ 学会発表
1. 2022/03/30 「フランツ・カフカ 『あるアカデミーへの報告』、『ある犬の研究』、「アフォリズム」抜粋、『断食芸人』、『小さな寓話』」(カフカ研究会)
■ 授業科目
1. ドイツ語Ⅰ
2. ドイツ語Ⅰ
3. ドイツ語Ⅱ
4. ドイツ語Ⅱ
5. 言語と文化Ⅲ(ドイツ)
全件表示(12件)
■ 担当経験のある科目
1. カフカと他者性(講義科目)(愛知県立芸術大学)
2. ドイツ語(愛知工業大学、愛知淑徳大学、愛知大学、岐阜大学、愛媛大学、松山大学、広島修道大学)
3. ドイツ語(会話中心)(愛知大学、松山大学)
4. ドイツ文学(講義科目)(広島修道大学)
5. 教養講義(西洋文化論)(広島修道大学)
全件表示(7件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2014/04~ グループワークとペアワーク(自律的学習)
2. 2016/09~ 教養講義でのアクティヴラーニング
3. 2017/04/01~ 外国語科目での「自己省察カード」を導入
4. 2018/04/01~ 名札カードを用いた平常点の可視化
5. 2020/04/01~ 遠隔授業の工夫
●作成した教科書、教材
●実務の経験を有する者についての特記事項
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(23件)
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2017/04
「自己省察カード」
単著・共著の別:単著
2. 2019/12
ドイツ語プレゼンテーション ルーブリック
上級外国語(ドイツ語)
単著・共著の別:単著
3. 2020/04
講義・授業における配布資料
全担当科目
単著・共著の別:単著
4. 2021/04
ドイツ語作文練習問題集
外国語科目
単著・共著の別:単著
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
あらかじめシラバスに授業内容に変更が生じる可能性があることを明記し、その場合にはその旨を授業中に伝えた。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
講義のPPTスライドの文字を大きくして、大教室でも読みやすいように工夫した。また画像やDVDなどの視聴覚教材を適宜取り入れて、学生の興味関心をひきつけることや、視覚的理解への促しを図った。また話すスピードが速くなりすぎないように注意して、特に学生が板書している最中には、授業を進めずに少し待つように心がけた。
●3.(1)国際学会、国内学会、研究会等における発表など
カフカ研究会にて出版を踏まえた研究発表を行った。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
授業アンケートを前期後期ともに全科目で行った。担当する4つの講義科目の中で評価が高かったのは総合教養講義a(西洋文化論)で体系/教育法ともに4.9、西洋文化史は体系5.0教育法4.8だった。予備的な知識がなくても興味深く学べたとコメントがあり、またワークシートの質問に丁寧に答えた点が評価された。今後も予備的な知識がなくても理解できる講義を心掛けたい。評価が低かったのは総合教養講義a(ドイツ文学)で体系4.8教育法4.6だった。低い評価の理由は記述がなく、またオンデマンドだったので原因が探りずらい。対面ほど細やかな個々へのフィードバックができず、こういった評価になったのだと推測する。 言語科目は体系/教育法ともにほぼ5.0-4.9に収まった。留学時代のエピソードが特に面白かったとのコメントが多く、また理解度に応じて授業スピードを変えた点が評価された。留学時代の文化的違いによる失敗談や苦労した話などは個人的に好んで人に話したいものではないが、そういったエピソードが学生の興味を引くならば、今後も開示していきたい。
●5.公開授業の実施状況
外国語科目のドイツ語を、前期後期ともに日時指定なし、人数制限なしで公開した。前期にのみ申し込みがあり、法学部の宮内助教が参加してくださった。学生が間違えた時のフォローの仕方を好意的に見てくださり、特に、指名しなくても学生が手を挙げて答える雰囲気づくりに成功している点について高評価をいただいた。改善点の指摘はなかったが、参観していただけたことで授業の改善点を自分なりに見出すことができた。
●7.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
個別の進路に関する相談を受けた。また、ドイツ留学に関する相談は例年と変わらず個別に対応した。
●9.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
2021年度はなし。2022年度よりサークルの顧問を依頼されている。