(最終更新日:2023-06-02 12:41:45)
  イワタ ヒロキ   IWATA Hiroki
  岩田 裕樹
   所属   広島修道大学  人間環境学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
随時対応します。(必ず事前に予約して下さい)
■ 現在の専門分野
●専門分野
環境経済学, 環境政策, 環境経営学 
●キーワード
自主的取り組み、環境情報、環境イノベーション、地球温暖化問題 
●主な研究テーマ
1. 企業の自主的取り組み、環境配慮行動とイノベーション、地球温暖化問題 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 環境経済、環境経営 
■ 学歴
1. 2001/04~2007/03 京都大学大学院 経済学研究科 経済動態分析専攻博士後期課程単位取得満期退学
2. 2007/07
(学位取得)
京都大学 博士(経済学)
■ 所属学会
1. 2001/04~ 環境経済・政策学会
2. 2010/04~ 環境情報科学会
3. 2012/04~ East Asian Economic Association(東アジア経済学会)
4. 2013/07~ 日本経済学会
■ 職歴
1. 2013/04~2015/03 広島修道大学 人間環境学部 准教授
2. 2015/04~ 広島修道大学 人間環境学部 教授
■ 学会発表
1. 2019/10/21 Incentive for environmental innovation and market structure(環境政策セミナー)
■ 授業科目
1. アカデミックスキルズ_01
2. 環境と産業
3. 環境ガバナンス研究Ⅰ
4. 環境ガバナンス研究Ⅱ
5. 環境ガバナンス特殊研究
全件表示(14件)
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2019/04
講義ノート
環境ガバナンス論
単著・共著の別:単著
2. 2019/04
講義ノート
環境監査論
単著・共著の別:単著
3. 2019/09
講義ノート
環境マネジメントシステム
単著・共著の別:単著
4. 2019/09
講義ノート
環境会計論
単著・共著の別:単著
5. 2020/09
講義ノート 環境と産業
環境と産業
単著・共著の別:単著
全件表示(16件)
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
設定した方針に沿って授業を行うことができた。特に卒業研究では、学生への指導を授業時間外においても行い一定水準以上の論文を作成させることができた。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
授業において自主的なアンケートを実施するなど学生の意見や要望を反映し授業を進めた。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
全学のアンケートだけでなく、独自に行ったアンケートを講義に活用している。
●7.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
学生への勉強についての相談、単位僅少指導、就職相談等を複数回行った。