(最終更新日:2020-05-14 17:40:40)
  イヨリ コウヘイ   IYORI Kohei
  井寄 幸平
   所属   広島修道大学  経済科学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
随時(事前にメール等で確認してください)
■ 現在の専門分野
●専門分野
実験経済学, 経済シミュレーション 
●キーワード
実験経済学、ゲーム理論、意思決定シミュレーション 
●主な研究テーマ
1. 経済実験とシミュレーションによる意思決定および協調行動の分析 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 経済実験を用いた意思決定分析およびシミュレーション 
■ 学歴
1. 2000/04~2003/03 神戸大学大学院 自然科学研究科 システム機能科学専攻博士後期課程修了 博士(学術)ND第556号
■ 所属学会
1. 2003/03~ システム制御情報学会
■ 著書・論文歴
1. 論文  匿名ネットワーク環境下のゲームにおける相手指名および行動戦略の進化 (単著) 2019/09
2. 論文  Prisoner’s Dilemma Network: Experiments and Simulations (単著) 2007/09
3. 論文  ネットワーク型囚人のジレンマにおける協調行動の創発に関する研究 (共著) 2003/09
4. 論文  The application of cellular automata to the consumer's theory: simulating a duopolistic market (共著) 1999/10
5. その他 (研究ノート)表計算ソフトウエアを用いた教育用シミュレーションの開発 (単著) 2018/02
■ 授業科目
1. システム科学入門Ⅰ
2. システム科学入門Ⅱ
3. シミュレーション論Ⅰ
4. シミュレーション論Ⅱ
5. ゼミナールⅠ
全件表示(19件)
■ 社会における活動
1. 2008/07~ (各種団体等の活動)私立大学情報教育協会サイバーFD研究員
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2017/05
(教材)情報化社会と人間 講義プリント、サンプルプログラム
単著・共著の別:単著
2. 2018/05
講義プリント
情報経済学Ⅰ
単著・共著の別:単著
3. 2019/04
講義プリント
システム科学入門Ⅱ
単著・共著の別:単著
4. 2020/05
講義資料(新規改訂)
シミュレーション論Ⅰ・Ⅱ、ゼミナールⅠ~Ⅳ、初年次セミナー、卒業論文、システム科学入門Ⅱ
単著・共著の別:単著
5. 2021/04
講義資料(新規改訂)
シミュレーション論Ⅰ・Ⅱ、ゼミナールⅠ~Ⅳ、システム科学入門Ⅱ
単著・共著の別:単著
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
オンラインと対面の併存による戸惑いはあったと思われるが、授業内容はシラバスに記載された通り実施し、成績評価基準に沿って評価を行った。出席状況、課題提出状況、試験成績等から、授業目標は十分に達成したと考えている。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
オンライン授業では資料に頼る形になるため、細かな解説を随所に追加し、シミュレーション論ではサンプル動画やサンプルシミュレーションをなるべく多く掲載して分かりやすくなるよう工夫した。また、Moodle上の掲示板やメールにより質問・相談に回答できるよう整え、実際に多くの質問や相談に対応した。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
アンケートを実施した全ての科目において、評価平均値が科目別平均、受講者別平均以上となり、一応の満足を得られていると判断した。ただしオンライン授業となった科目のうち、前期科目では一部「資料が分かりにくかった」「課題が提出できているか不安だった」といった回答があり、できるだけ丁寧な説明と対応を心がけるよう努め、後期の授業ではそういった回答がほぼなくなった。なおオンライン授業で対面試験を行うことについてはアンケート以外にも不満の声が寄せられ、今後の実施方法を検討する必要がある。
●7.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
単位僅少学生への成績指導、ゼミナールの学生に対する進路相談に真摯に対応した。
●9.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
2022年度よりボクシング部の顧問となる予定であったが、やむを得ない事情により時期を繰り上げ、2022年2月末に顧問に就任した。部長、指導者との顔合わせ、書類の確認と押印等を行った。