(最終更新日:2018-05-17 15:01:13)
  ヒラタ カナコ   Kanako Hirata
  平田 香奈子
   所属   広島修道大学  人文学部
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
●専門分野
●キーワード
知的障害児・者のスポーツ、 発育・発達、 幼児の運動遊び 
●主な研究テーマ
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 遊びと発達援助  知的障害者のスポーツ支援 
■ 著書・論文歴
1. 著書  新保育実践を支える 保育の原理 (共著) 2018/02
2. 著書  現代の障がい児保育 (共著) 2016/01
3. 著書  保育の心理学Ⅰ (共著) 2015/11
4. 著書  つながる・つなげる障害児保育 (共著) 2015/08
5. 著書  子どもの保健Ⅰ (共著) 2014/04
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2018/03/10 幼児の運動の得意・不得意の傾向に関する研究―体力テスト項目間の関連と、両足連続跳びこしの運動様式による検討ー(日本発育発達学会第16回大会)
2. 2017/05/20 スリルのある遊びに対する親のかかわり方と幼児の発達との関係(日本保育学会第70大会)
■ 授業科目
1. アダプテッドスポーツ
2. 教育学演習Ⅰ
3. 教育学演習Ⅱ
4. 教育学特論Ⅰ
5. 教育研究演習Ⅰ
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 2018/08 (市民講座)からだをつかって遊ぼう
2. 2018/01 (講演会)障害の理解(知的障害)
3. 2018/01 障害の理解(知的障害)
4. 2017/11 (講演会)発育・発達
5. 2017/08 (公開講座)教員免許更新講習
全件表示(10件)
■ 委員会・協会等
1. 2013/05~ 学校法人府中教会学園 こばと幼稚園 評議員
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2006~ 「見てわかる」プリントを用いた授業の展開
2. 2006~ 模擬授業・教材研究を中心とした保育内容の学習
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2016/06
子どもの保健Ⅱ ポートフォリオ形式テキスト
単著・共著の別:単著
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
シラバスに記載した授業方針や授業計画は、おおむね遂行することができた。ただ、赴任前に作製したシラバスということもあり、履修人数を含めて見通しを持ちづらい中での計画であったことは否めない。その結果、想定以上に学生と直接質疑等を交わしながら授業を進めることが可能であったため、意見のやりとりをする時間を増やすなどの若干の修正をしながらの授業の実施をした。そのため、授業目標は十分に達成することができたと感じている。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
履修者それぞれが、個々の履修計画に沿って受講しているため、自身の授業と並行して履修している内容、すでに履修している内容等にばらつきがあった。そのため、一人一人の習熟度をやり取りの中で確認しながら、丁寧に説明を加えるよう工夫した。また、毎時間プリントを作成し、その配布資料に基づいて授業を実施し、学生たちが授業のテーマや内容を総合的に理解しやすくなるよう工夫した。しかし、配布資料に頼りすぎて、自ら学ぼうとする姿勢を学生が持ちづらかったこと(プリントを見返せばよいと勘違いし、授業に集中しない等)などの反省点もあったため、18年度はその点にも留意して、授業を実施していきたい。
●3.(1)国内学会、国際学会、研究会等における発表など
なし
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
前期末の授業評価アンケートでは、配布資料や具体的なエピソードとその分析に基づいた授業内容の解説の評価が高かったため、後期の授業においても、学生たちの学びの補完となるよう、さらに子どもたちの姿を伝え、考える授業づくりに努めた。
●5.授業公開の実施及び授業公開の参観状況
授業を公開したところ、4名の教職員の方にご参観いただいた。その中で、学生とのやり取りの時間を増やすことや、視聴覚資料の提示の仕方などのご助言をいただいた。前期半ばでの実施であったため、いただいたアドバイスを授業内容に活かすことができた。
●6.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
ゼミ生を中心に、実習や進路、学生生活の相談が多くあり、話しをする機会が多くあった。ゼミ生の中には、単位僅少学生がおり、出席がままならない者もあった。どのように関わることが本人の意欲の喚起につながるか、悩むことが多かったものの、話しを続ける中で、卒業への意思を固め、現在も見守り続けているところである。
●8.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
今年度はサークル顧問等を務めていない。