(最終更新日:2020-12-02 13:35:14)
  オカムラ カズアキ   OKAMURA Kazuaki
  岡村 和明
   所属   広島修道大学  経済科学部
   職種   教授
■ 現在の専門分野
●専門分野
労働経済学, 応用計量経済学 
●キーワード
賃金構造、人材形成、世代効果、労働力参加、ダイナミック・パネルデータ分析 
●主な研究テーマ
1. 賃金構造、動学的労働供給行動の分析 
●共同研究・研究相談が可能な内容
■ 学歴
1. 1996/04~2000/03 大阪大学大学院 経済学研究科 博士後期課程単位取得満期退学
2. 2000/04
(学位取得)
博士(経済学)第15588号
■ 所属学会
1. 2000/04~ 日本経済学会
2. 2009/04~ The Econometric Society
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2025/03  世代間衡平の実証的厚生分析 基盤研究(C) 
2. 2017/04~2022/03  業務とスキルが個人間賃金格差に及ぼす影響に関する実証分析 基盤研究(B) (キーワード:経済政策、日本経済論、不平等、技術進歩、均衡処遇)
■ 著書・論文歴
1. 論文  就職氷河期世代の主観的幸福度に関する実証分析 (単著) 2022/12
2. 論文  Multinomial employment dynamics with state dependence and heterogeneity: Evidence from Japan (共著) 2021
3. 論文  The Effects of the Timing of Childbirth on Female Labour Supply: An Analysis using the Sequential Matching Approach (共著) 2021
4. 論文  Regional Wage Spillover in Japan: A Short-run Analysis (共著) 2019/12
5. 論文  Spatial Spillover and Dynamics in Regional Inflation (共著) 2019/12
全件表示(8件)
■ 授業科目
1. ゼミナールⅠ
2. ゼミナールⅡ
3. ゼミナールⅢ
4. ゼミナールⅣ
5. プレゼミナール
全件表示(18件)
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2020/04
講義ノート
労働経済学Ⅰ・Ⅱ、確率・統計入門、計量経済学研究Ⅰ
単著・共著の別:単著
2. 2020/04
講義ノート
労働経済学Ⅰ・Ⅱ、確率・統計入門、計量経済学研究Ⅰ
単著・共著の別:単著
3. 2021/04
講義ノート
労働経済学Ⅰ・Ⅱ、確率・統計入門、計量経済学研究Ⅰ
単著・共著の別:単著
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
シラバスに書かれた授業方針および授業計画に即して授業を行い、成績評価基準に沿って評価した。授業目標も十分達成できたと考えている。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
対面の授業が再開されたことから、講義内容および課題の分量に厚みを持たせた講義ノートを新たに作成した。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
「労働経済学Ⅰ、Ⅱ」、「確率・統計入門」について授業評価アンケートを実施し、内容の分析および次年度の講義ノートへの反映について検討した。
●5.公開授業の実施状況
公開授業は実施していない。
●7.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
単位僅少学生への対応を行った。またゼミの学生からの進路相談についても、授業時間内・時間外での対応を行った。
●9.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
サークル活動の顧問は引き受けていない。