(最終更新日:2018-05-14 20:32:00)
  ヤマモト シゲル   Shigeru Yamamoto
  山本 茂
   所属   広島修道大学  商学部
   職種   准教授
■ オフィスアワー
火曜日、木曜日 12:15~13:00 研究室
■ 現在の専門分野
●専門分野
人材マネジメント論 
●キーワード
人的資源、組織、内部労働市場、スキル、マネジメント 
●主な研究テーマ
1. 組織と人材(知識、スキル) 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 採用・配置・育成・評価・処遇といった人材マネジメントの諸領域 
■ 学歴
1. 1993/04~1996/03 慶應義塾大学大学院 商学研究科 博士後期課程単位取得満期退学
■ 所属学会
1. 1992/10~ 日本労務学会
2. 1997/07~ 組織学会
■ 著書・論文歴
1. 論文  幅広いスキルのタイプと形成 大手メーカーA社における事例研究を中心にして (単著) 2014/03
■ 授業科目
1. ゼミナールⅠ
2. ゼミナールⅡ
3. ゼミナールⅢ
4. ゼミナールⅣ
5. 経営労務論研究Ⅰ
全件表示(12件)
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2014/10
1
2. 2017/10
フリーターに関するゼミナールでの報告資料
単著・共著の別:単著
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
基礎的な知識や人材マネジメント等の分野の専門性を、なるべく分かりやすく、また履修者が興味を持てる形で教えることを授業の方針とし、それに基づき授業計画を作成しました。実際の授業では、授業計画に沿ってなるべく先端的な領域や実務の世界の実際に触れるように努め、また説明や板書の仕方を履修者の立場に立って工夫することに日常的に努めることで、漸進的ながら成果を得られたと考えます。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
授業の仕方につき、学生の立場に立って日常的に改善に努めました。また、継続的に実施している企業の経営者や実務家への聞き取り調査の結果をなるべく授業に反映させました。先端的な研究動向を、授業内容と関連づけることにも注力しました。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
授業アンケートを前期と後期に各1科目実施し、授業で改善すべき点にかんする学生からの指摘等を分析し、前期実施分については後期の授業で板書の仕方などに関するアンケート結果を活用しました。
●6.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
ゼミナールの授業終了後の時間や研究室でのオフィスアワー等を利用して、随時学生からの相談にのり、またゼミ生等の生活状況について把握するよう努めました。また、単位僅少学生に対して面談を実施しました。