(最終更新日:2019-10-12 05:44:16)
  ノムラ コウヤ   NOMURA Koya
  野村 浩也
   所属   広島修道大学  人文学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
水曜・昼休み
■ 現在の専門分野
●専門分野
社会学 
●キーワード
植民地主義、ポストコロニアリズム、日本/日本人、沖縄/沖縄人、米軍基地 など 
●主な研究テーマ
1. 現代日本社会における植民地主義 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 植民地主義に関する社会学的理論研究、および、在沖縄米軍基地問題にみる日本人の植民地主義という研究テーマで共同研究・研究相談が可能です。 
■ 学歴
1. 1990/04~1994/03 上智大学大学院 文学研究科 社会学専攻博士後期課程単位取得満期退学
■ 所属学会
1. 1990/04~ 日本社会学会
2. 1991/03~ 日本解放社会学会
■ 著書・論文歴
1. 著書  増補改訂版 無意識の植民地主義:日本人の米軍基地と沖縄人 (単著) 
2. 著書  植民者へ:ポストコロニアリズムという挑発 (共著) 2007/11
3. 著書  無意識の植民地主義:日本人の米軍基地と沖縄人 (単著) 2005/04
4. 論文  植民地主義と共犯化:沖縄から考えるポストコロニアリズム (単著) 2000/03
5. その他 基地の話封じは差別 生存権にかかわる問題<寄稿・追い出された経験から> (単著) 2019/06
全件表示(6件)
■ 授業科目
1. カルチュラル・スタディーズ演習A(方法)
2. カルチュラル・スタディーズ演習B(方法)
3. 社会問題論Ⅰ
4. 社会問題論Ⅱ
5. 社会問題論演習Ⅰ
全件表示(12件)
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
シラバスに明示したとおりに授業を行い、成績評価基準に沿って評価した。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
前年度(2021年4月~2022年3月)に教育方法の工夫をした。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
学生による本学の授業評価アンケートを分析、活用した。
●5.公開授業の実施状況
なし。
●7.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談に十分に対応できた。
●9.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
なし。