(最終更新日:2021-06-01 14:11:31)
  マスダ ヒサシ   MASUDA Hisashi
  増田 尚史
   所属   広島修道大学  健康科学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
随時(事前のアポイントメントが必要)
■ 現在の専門分野
●専門分野
心理学 
●キーワード
単語認知、日本語単語属性データベース、漢字学習 
●主な研究テーマ
1. 日本語の読みの活動を支える知識の解明 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 単語認知過程、日本語の単語属性データベース、漢字学習、読み書き障害 
■ 学歴
1. 1996/04~1999/03 名古屋大学大学院 人間情報学研究科 博士後期課程単位取得満期退学
2. 2000/03
(学位取得)
博士(学術)人情博第43号
■ 所属学会
1. 1988/04~ 日本心理学会
2. 1994/04~ 日本認知科学会
3. 2000/04~ 日本基礎心理学会
4. 2003/02~ 日本認知心理学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2022/04~2027/03  ベクトル空間モデルを用いて心的辞書の意味的構造を理解する 基盤研究(C) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  日本の世界遺産の世界への発信力 (共著) 2018/02
2. 論文  Constructing databases of Japanese three- and four-kanji compound words. (共著) 2021/03
3. 論文  On the notions of graphemic representation and orthography from the perspective of the Japanese writing system. (共著) 2019/12
4. 論文  小学校国語教科書に掲載されている単語の分析:ラディカルを共有する漢字から構成される単語のファミリーサイズと出現頻度 (共著) 2019/02
5. 論文  Constituent-priming investigations of the morphological activation of Japanese compound words (共著) 2018/07
全件表示(11件)
■ 学会発表
1. 2021/12/04 漢字二字熟語の意味的透明性評価に基づく語彙力推定の試み(中国四国心理学会第77回大会)
■ 授業科目
1. 演習Ⅰ
2. 演習Ⅱ
3. 演習Ⅲ
4. 演習Ⅳ
5. 学習・言語心理学
全件表示(17件)
■ 主要学科目
知覚・認知心理学
■ 役職
1. 2022/04/01~2024/03/31 広島修道大学 副学長
■ ホームページ
   https://www.researchgate.net/profile/Hisashi_Masuda
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
全ての授業において,シラバスに沿って授業を実施し,概ね目標を達成した。成績評価は,シラバスもしくは授業内に事前に配布した資料に記載の基準に則って行なった。特に,学科で作成した卒業論文を評価するためのルーブリックを試行したところ,これまでの直観的評価よりも精緻なものとなった。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
講義系科目では,従来使用していたいわゆる大福帳に代えて, 非対面型の際にも利用可能なMoodle経由によって感想・質問を提出させ,重要な点については授業において全体にフィードバックして理解を促した。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
「修大基礎講座」およびその他の授業に対するアンケート結果をもとに,スライドの切り替えスピードの調整や,各回の授業の目標の明確化などをの改善を図っている。
●5.公開授業の実施状況
「知覚・認知心理学」および「学習・言語心理学」の公開を申し込んだが,参観者はいなかった。
●7.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
単位僅少学生の面談・指導を行うとともに,他大学の大学院進学を考えていた学生(留学生)からのコロナ禍を踏まえた上での進路選択などに関する相談に応じた。
●9.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
該当なし。