(最終更新日:2016-12-02 17:03:03)
  アギオ ナオコ   AGIO Naoko
  腮尾 尚子
   所属   広島修道大学  人文学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
事前に電話して下さい
■ 現在の専門分野
●専門分野
日本近世文学 
●キーワード
戯作、黄表紙、浮世絵、仏教絵画、俗信、熊野信仰、大道芸、和紙、江戸小紋、歌舞伎、見立て、和菓子、年中行事、旅土産、郷土玩具 
●主な研究テーマ
1. 挿絵に着目した大衆文学研究 
2. 大衆文学に反映される生活文化研究 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 共同研究の相手は、テーマ云々よりも、人間的に共感できるかどうかによって決めさせて頂いて居ります。 
■ 学歴
1. 1988/04~1991/03 文学修士 第1044号
2. 1996/04~2001/03 お茶の水女子大学大学院 人間文化研究科 比較文化学専攻 博士課程単位取得満期退学
■ 資格・免許
1. 1991/03 高等学校教諭専修免許(国語)取得 平3高専第10548号
2. 1991/03 中学校教諭専修免許(国語)取得 平3中専第10355号
■ 所属学会
1. 1984/04~ お茶の水女子大学国語国文学会
2. 1996/04~ 日本近世文学会
3. 1996/08~ 日本文学協会
4. 1997/08~ 絵解き研究会
5. 1998/02~ 仏教文学会
全件表示(11件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  日本文化史の「オンデマンド型」授業についての一考察 (単著) 
2. 論文  オンデマンド型授業に用いる講義録画の作り方について (単著) 2022/03
3. 論文  日本文化史の「オンデマンド型」授業についての一考察 (単著) 2021/03
4. 論文  日本文化史の授業についての一考察 (単著) 2020/03
5. 論文  「一心十界」の教義を表すカラクリ人形について-古浄瑠璃『十界図』以後の展開-(17頁) (単著) 2009/03
全件表示(13件)
■ 授業科目
1. 教養講義(江戸文学)
2. 人文学部特別演習(崩し字解読・漢字)
3. 人文学部特別演習(崩し字解読・平仮名)
4. 総合教養講義a(広島県の伝統文化)
5. 総合教養講義a(江戸時代の化粧・結髪)
全件表示(12件)
■ 社会における活動
1. 2013/10~ (新聞等の記事等への対応)講座&ミニファッションショー 広島県の伝統織物「備後絣」とシルクロードの絣
2. 2013/06~ (新聞等の記事等への対応)講座とミニファッションショー 尾道帆布と備後の布
■ 教育に関する発表
1. 2019/06
教員の専門研究のための補助学を活かした教養科目―崩し字解読演習科目―
山口大学(当番大学)
第67回中国・四国地区大学教育研究会
単著・共著の別:単独
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2017/04
毎回の授業で配布している穴埋め形式の教材プリント
単著・共著の別:単著
2. 2018/04
毎回の授業で配布している穴埋め形式の教材プリント
単著・共著の別:単著
3. 2019/04
毎回の授業で配布している穴埋め形式の教材プリント
単著・共著の別:単著
4. 2019/04
毎回の授業で配布している穴埋め形式の教材プリント
単著・共著の別:単著
5. 2020/04
毎回の授業で配布している穴埋め形式の教材プリント
単著・共著の別:単著
全件表示(6件)
■ メッセージ
お互い、しっかり勉強しましょう。
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
(1)授業の方針 授業という集団活動を通して、学生にマナーを身に付けさせたい。 学術的知識を身に付けさせる事も大事であるが、マナーを身に付けさせる事にも、力点を置く。 日頃から、授業を通して、マナーを身に付けさせる事により、学生が学外活動(就職活動など)をする際に困らないようにしたい。 (2)授業計画 2021年度は、前期・後期とも、全科目を非対面型(オンデマンド)で授業した。 どの科目も、第1回の授業時間を丸ごと使って、丁寧にガイダンスを行った。 ガイダンス内容は、科目のテーマについて・穴埋め式講義資料について・ミニレポートについて・小テストについて・期末試験について・出欠の取扱いについて・成績評価について・講義録画について・提出物の郵送について、など。 これらのガイダンス内容は、全て書面にして、学生に提示し、かつ口頭で補足説明した。 (3)実際の授業の内容 2021年度は、前期・後期とも、全科目を非対面型(オンデマンド)で授業した。 教学システム課題情報ページで、穴埋め式講義資料を提示し、学生各自で印刷させ、手書きで書き込みをさせ、ユーチューブにアップした講義録画(各科目の履修者向け限定公開)を視聴させた。 毎回の授業内容に関するミニレポートや、小テスト答案や、期末試験答案を、専用の用紙に手書きさせ、大学に郵送で提出させた。 (4)授業目標の達成度 学生に手書きでミニレポートや小テスト答案や期末試験答案を書かせ、郵送で提出させるという授業形式は、予想以上に好評を得た。 学生によれば、2020~2021年度にかけて、非対面型の科目が多かったため、文字を手書きする機会が減り、以前書けていた漢字を忘れてしまい、書けなくなっているとの事。 私の担当科目の授業の中で、文字を手書きする事は、良いリハビリになった、という意見が多かった。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
1、学生の手書き能力の維持・向上を目指した。 2020~2021年度にかけて、学生にとって、非対面型の授業が中心となったせいで、文字をキーで打つ機会は増えたが、手で書く機会が激減した。 そこで、私の担当する全科目において、穴埋め式講義資料・ミニレポート執筆用紙・小テスト解答用紙・期末試験解答用紙などを、データの形で学生に送り、各自で紙に印刷させ、その紙に手書きで記入させ、郵送で提出させた。 郵送用の封筒のオモテ・ウラの記入見本(実物大)も、学生に提示し、その記入見本の通りに、封筒に手書きさせた。 このやり方は、学生から予想以上の好評を得た。 また、今まで郵便で文書を送った事がない学生も多くいて、「郵送する事自体とても貴重な体験だった」とする感想もあった。 2、郵送された提出物の封筒の処理を能率よく行った。 2020年度、郵送された提出物の封筒を、科目ごとに仕分け、学籍番号順に並べ、開封する、という作業に、膨大な時間をとられた。 封筒の中身を読んで評価する以前に、封筒処理の事務的作業で、体力を消耗していた。 そこで、2021年度は、封筒処理のやり方を改善した。 例えば、ペーパーナイフで開封せずに、大型のカッター(押し切り)で封筒上部(2ミリ程度)をカットして開封する、など。 こうした工夫は、教育上の工夫というより、事務作業上の工夫であるが、死活問題であった。 3、講義録画を撮影・編集した。 2種類の三脚を用いて、ビデオカメラで、引きの映像(板書など)と、寄りの映像(実物資料の接写など)を撮り、両者を交互に組み合わせて編集した。 編集作業の際、自分自身の声(解説)を自分で聴く事になり、良いFDの機会となった。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
授業評価アンケートを行い、その結果を分析して、より良い授業作りに活用した。
●7.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
メール・電話・面談で相談に応じた。