(最終更新日:2018-07-04 19:06:04)
  ヤノ ヒデノリ   Hidenori Yano
  矢野 秀徳
   所属   広島修道大学  国際コミュニティ学部
   職種   准教授
■ オフィスアワー
随時(ただし事前に連絡をすること)
■ 現在の専門分野
●専門分野
労働政策・雇用政策, 東南アジア現代政治 
●キーワード
雇用政策、労働政策、就労支援、フレクシキュリティ、失業 
●主な研究テーマ
1. 地方自治体における就労支援政策 
2. 雇用流動化時代における日本型フレクシキュリティーの構築 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 現代日本の雇用・労働政策 
■ 学歴
1. 1995/04~1998/12 北海道大学大学院 法学研究科 博士後期課程単位取得満期退学
2. 2002/06
(学位取得)
博士(法学)
■ 所属学会
1. 日本選挙学会
2. 貧困研究会
■ 職歴
1. 1999/01~2001/12 北海道大学大学院 法学研究科 助手
■ 著書・論文歴
1. 論文  「韓国の外国人労働者受入れ政策と日本への適用可能性」 (単著) 2014/03
2. その他 「任期の切れた研究者は、一体何をしているのか」 (単著) 2015/07
■ 授業科目
1. アジア地域研究Ⅱ(東南アジア)
2. アジア地域研究演習Ⅱ(事例研究)
3. 研究指導(比較政治研究)
4. 現代政治
5. 初年次セミナー
全件表示(14件)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
シラバスに沿った講義を行ったが、時間不足で消化しきれない部分もあった。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
理解を促すための資料・レジュメを作成した。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
アンケートを実施し、学科FDにて意見交換を行った。
●5.授業公開の実施及び授業公開の参観状況
公開したが参観者なし。
●6.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
ゼミ生の就職や進路に関する相談に応じた。単位僅少者に対する面談を実施した。
●8.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
特になし。