(最終更新日:2022-06-30 18:02:44)
  ミズノ カズホ   MIZUNO Kazuho
  水野 和穂
   所属   広島修道大学  人文学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
火曜日/水曜日の5時限、その他。 e-mail等であらかじめ予約をお願いします。
■ 現在の専門分野
●専門分野
英語学 
●キーワード
英語学、英語史、英語の標準化、(歴史的)社会言語学、コーパス言語学 
●主な研究テーマ
1. 近代・現代英語の多様性と変化 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 英語史、特に近代英語(歴史的)社会言語学英語の標準化。多様な現代英語 
■ 学歴
1. 広島大学大学院 文学研究科 英語学英文学専攻博士前期課程修了 文学修士
2. 広島大学大学院文学研究科 博士後期課程修了 博士(文学)
■ 所属学会
1. 1985/04~ 広島英語研究会
2. 1987/04~ 近代英語協会
3. 1987/04~ 日本英文学会中国・四国支部
4. 1992/11~ 日本英語学会
5. 1993/04~ 英語コーパス学会
全件表示(7件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  コーパスと英語史 (単著) 2019/04
2. 著書  地方私立大学の英語教育への挑戦 (共著) 2019/02
3. 著書  地方私立大学の英語教育への挑戦:地域で活躍できるプロフェショナル人材の育成を目指して (共著) 2019
4. 著書  The Pleasure of English Language and Literature: A Festschrift for Akiyuki Jimura (共著) 2018
5. 著書  Studies in Middle and Modern English (Studies in the History of the English Language 6) (共著) 2017/06
全件表示(13件)
■ 授業科目
1. Writing Ⅰ
2. Writing Ⅱ
3. 英語の諸相Ⅰ(英語の過去・現在・未来)
4. 英語の諸相Ⅴ(世界言語としての英語)
5. 英語英文学特殊講義Ⅰ
全件表示(18件)
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2017/09
「英語の諸相I」のためのPower Point用教材と公開用ウェブページの改訂
単著・共著の別:単著
2. 2018/04
「英語の諸相V」のためのPower Point用教材の改訂
単著・共著の別:単著
3. 2018/09
「英語の諸相V」のためのPower Point用教材の改訂
単著・共著の別:単著
4. 2019/04
「英語の諸相V」のためのMoodle用教材の作成
単著・共著の別:単著
5. 2019/04
「英語の諸相V」のためのPower Point用教材の改訂
「英語の諸相V」
単著・共著の別:単著
全件表示(9件)
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
各講義・演習科目について、シラバスに各回の授業計画・成績評価基準を明示すると同時にその詳細について説明した。しかしながら、前期途中より非対面型の授業を主体となり当初想定した計画通りに授業を運営することは困難であった。ただ、少人数からなる「ゼミナール」,「卒業研究指導」では、MoodleやZoomを利用することにより、個人発表やプレゼンテーションの機会を損なうことなく授業を運営することができた。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
受講生が多い非対面型の授業用にMoodle上にシラバス に準拠した、教材、資料、課題および解説、模範解答を提示した。また、ゼミ、卒業論文指導では、Zoom、Moodleを効果的に活用することにより例年通りの少人数指導を行った。
●3.(1)国際学会、国内学会、研究会等における発表など
日本英文学会中国・四国支部の副支部長として年次大会の企画・運営に携わった。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
昨年度の授業アンケートは、例年と異なりオンラインでのアンケートであった。そのため、基本的に全科目がアンケートの対象になたため学生の評価と意見をより多く得ることができ、後期の授業および今年度の授業に役立てることができた。学生生からのの評価は、概ね良好であった。
●5.公開授業の実施状況
後期に、「英語学・英語教育学ゼミナールD(英語学発展演習)」授業公開を公開したが、参観者はいなかった。
●7.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
単位僅少学生と面接し問題を話し合うとともに出欠に留意し、必要に応じて直接連絡を取った。また,大学院への進学を希望する学生の相談に応じアドバイスした。