(最終更新日:2022-05-02 09:59:07)
  キム トクケン   KIMU Tokuken
  金 徳謙
   所属   広島修道大学  商学部
   職種   教授
■ 現在の専門分野
●専門分野
観光学, 人文地理学, 統計科学 
●キーワード
観光ビジネス、観光者行動、島しょ地域、瀬戸内海、ヨーロッパ、国際観光 
●主な研究テーマ
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. GISやビッグデータを題材にする観光(ビジネス)や地域に関わる研究 
■ 学歴
1. 1979/03~1986/02 京幾大学校 商経大学 観光開発学科 卒業
2. 1998/04~2000/03 立教大学大学院 観光学研究科 博士課程前期課程博士前期課程修了
3. 2000/04~2003/03 立教大学大学院 観光学研究科 博士課程後期課程博士後期課程単位取得満期退学
■ 所属学会
1. 1997~ 日本観光研究学会
2. 2006~ 中四国商経学会
3. 2009~ 地理科学学会
4. 2013~ 日本地理学会
5. 2017~ 日本島嶼学会
■ 職歴
1. 2003/04~2005/03 立教大学 観光学部 助手
2. 2006/04~2018/03 国立大学法人香川大学 経済学部地域社会システム学科 教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2023/03  MassiveDataの収集・分析手法を用いた持続的な観光振興による地域への影響 2020年度 基盤研究(C) (キーワード:空間分析(GIS)、テキストマイニング、Massive Data、時系列分析、観光振興)
■ 著書・論文歴
1. 著書  実践利用にステップアプを目指すQGIS応用編 (単著) 2022/04
2. 著書  これで使えるQGIS入門 (単著) 2020/04
3. 著書  図説日本の島 ―76の魅力ある島々の営み― (共著) 2018/10
4. 著書  観光学へのアプローチ「観光認識と地域振興」 (共著) 2009/03
5. 論文  テキストマイニングを用いたUGCデータにみる観光イメージ
ー香川県に関するTrip Advisorの和文レビューを事例にー (単著) 2021/02
全件表示(13件)
■ 学会発表
1. 2022/10/22 IslandとTourismをキーワードとする英文論文の計量書誌学的分析
2. 2021/09/05 Flickr画像データの分析にみる地域空間の観光利用の変遷 ー香川県を事例にー(2021年次日本島嶼学会年次大会)
■ 授業科目
1. C1群特殊講義a(実践観光マーケティング)
2. ゼミナールⅠ
3. ゼミナールⅡ
4. ゼミナールⅢ
5. ゼミナールⅣ
全件表示(19件)
■ 委員会・協会等
1. 2018/04/01~2021/09/30 香川大学瀬戸内圏研究センター 客員研究員
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2020/04
これで使えるQGIS入門
ナカニシヤ出版
単著・共著の別:単著
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
すべての授業はシラバスに明示したとおり行い、成績評価基準に沿って評価を行った。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
オンライン動画と配布資料を組み合わせ、ただ映像を眺めるだけではなく、考えながら手を動かし受講するよう工夫した。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
受講者から要望が多かった文字サイズを工夫、改善した。
●5.公開授業の実施状況
地理情報システム論
●7.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
勉学や進路、就活に関する相談は、対面、オンライン、メールなど、学生の都合に合わせ、対応した。