(最終更新日:2018-05-18 10:44:57)
  ニッタ ユミコ   Yumiko Nitta
  新田 由美子
   所属   広島修道大学  健康科学部
   職種   教授
■ 所属学会
1. 2009/01~ 日本オオカミ協会
■ 著書・論文歴
1. 論文  野生カキ(Crassostrea gigas)に濃縮される亜鉛(Zn)およびカドミウム(Cd)の測定•分析と環境評価 (共著) 
2. 論文  Impact of Tai Chi Balance in healthy young adults. (共著) 2018/02
3. 論文  Age-dependednt contribution of neck circumference to indices of obesity among female college students aged 18 to 20 years. (共著) 2017/12
4. 論文  Effect of Joyful and Anxiety-­Provoking Music on Autonomic Nervous System Function (共著) 2017/04
5. 論文  Epidemiological study of eating habit of middle aged and elderly women; Mihara and Hiroshima questionnaire study (共著) 2017/04
全件表示(28件)
■ 学会発表
1. 2018/03/12 An accessment of environmental Cadmium (Cd) by wild boar and raccoon dog(14th World Congress on Toxicology and Pharmacology) Link
2. 2017/09/14 野生カキに濃縮される亜鉛およびカドミウムの測定•分析と環境評価(第160回日本獣医学会学術集会)
3. 2017/08/20 野生獣肉ジビエ中の亜鉛とカドミウムの濃度(第59回広島県獣医学術学会)
■ 授業科目
1. 健康管理概論
2. 公衆衛生学
3. 食品衛生学
4. 食品衛生学実験
5. 総合教養講義a(遺伝学の基礎)
全件表示(6件)
■ 社会における活動
1. 2018/07 公開講座 森•オオカミ•ヒトの良い関係を考える
2. 2017/12~2017/12 (市民講座)森の生態系を考える展示 Link
3. 2017/07~2017/07 (公開講座)森•オオカミ•ヒトの良い関係を考える
4. 2017/06~2017/12 県立広島大学 平成29年度 健骨•健康増進セミナー 定期検診
5. 2017/06~2017/12 県立広島大学 平成29年度 健骨•健康増進セミナー 定期検診
全件表示(7件)
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
シラバスに記載の講義を、授業計画どおり実施した。学生へ授業目標を初回授業で説明し、随時、目標の確認を行いながら授業を進行させた。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
確認テストを実施した。各回授業の終わりに確認テストを実施し、関係資格取得のための認定試験に出題される基礎用語の確認を行った。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
全担当科目について、学生による個別授業アンケートを実施した。前期分の分析および結果を、後期授業に活用した。後期には、1科目の中間授業アンケートを実施し、後期後半の授業に活用した。
●5.授業公開の実施及び授業公開の参観状況
他の教員による授業を参観した(1回、2017年6月20日)。
●6.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
単位僅少学生へ面接対応した(9月25日,26日)。1名の学生の件で学部教務主任へ相談し、当該学生の学生相談室利用を促した。学生からの成績アピールに対応した(9月5日、7日)。
●8.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
学科内学生有志による地域つながるプロジェクト(わくわくキャラバン)の立ち上げを、担当教員として支援した。夏期休暇中に、北広島町へ学生を引率した(8月9日、8月31日)。プロジェクト進捗状況等についてひろみらセンターと協議した(9月12日)。プロジェクト進捗状況等についてウェルウェル株式会社と協議した(9月22日)。学生よりプロジェクトの辞退の申出があり、手続きを進めた(9月26日)。