(最終更新日:2022-06-23 13:40:34)
  シワ シロウ   SHIWA Shiro
  志和 資朗
   所属   広島修道大学  健康科学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
平日随時(あらかじめ連絡、予約を入れてください)
■ 現在の専門分野
●専門分野
臨床心理学 
●キーワード
セルフコントロール(生体の行動調節と自己制御)、ストレス関連性疾患(心身症)、パニック障害、摂食障害、PTSD、少年非行、行動療法(バイオフィードバック療法、自律訓練法)、音楽鑑賞とこころの癒し 
●主な研究テーマ
1. 行動療法 
2. ストレスマネジメント 
3. バイオフィードバック 
4. ストレス関連性疾患(心身症) 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. ストレスとストレスマネジメント/バイオフィードバック/EMDR(眼球運動による脱感作と再処理) 
■ 学歴
1. ~1980/03 広島修道大学 人文学部 人間関係学科 心理学専攻 卒業 文学士
2. ~1982/03 広島修道大学大学院博士前期課程 人文科学研究科 心理学専攻博士前期課程修了 文学修士
3. ~1982/11 広島修道大学大学院博士後期課程 人文科学研究科 心理学専攻博士後期課程中退
4. 1996/03
(学位取得)
広島修道大学 博士(心理学)乙3号
■ 資格・免許
1. 1990/01 臨床心理士 No.1862(日本臨床心理士認定協会)平成7年4月、平成12年4月、平成17年4月、平成22年4月、平成27年4月、令和2年4月 資格更新
2. 1996/06 バイオフィードバック技能師 No.10 (日本バイオフィードバック学会)平成18年6月、平成28年6月 資格更新
3. 2001/08 EMDRレベル1(EMDR-Network,Japan)
4. 2002/08 EMDRレベル2(EMDR-Network,Japan)
5. 2011/11 メンタルヘルス・マネジメント検定試験Ⅱ種(ラインケアコース)合格
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 1980/04~ 日本心理学会
2. 1980/05~ 中国四国心理学会
3. 1986/04~ 日本バイオフィードバック学会
4. 2001/06~ ∟ 理事
5. 1986/10~ 日本心身医学会
全件表示(15件)
■ 職歴
1. 1982/11~1986/03 法務省小倉少年鑑別所 鑑別課 法務技官兼法務教官
2. 1986/04~2002/03 広島市立 広島市民病院 精神科 心理療法士
3. 1993/04~2002/03 広島市立 広島市民病院 精神科 主任技師
■ 著書・論文歴
1. 著書  新生理心理学 第2巻生理心理学の応用分野 「臨床心理学への応用」 (共著) 1997/09
2. 著書  心身症-バイオフィードバック療法の基礎と臨床- (共著) 1989/09
3. 論文  対人援助職の寄り添いとはなにか : 寄り添い尺度の作成 (共著) 2020/09
4. 論文  自信があれば後悔しない-意思決定への自信が後悔に与える影響- (共著) 2015/04
5. 論文  EMDRは不快な記憶を脱感作できるのか?-ERPによる実証的研究- (共著) 2005/03
全件表示(10件)
■ 学会発表
1. 2021/12/12 大学生の自己効力感と時間的展望が職業未決定に及ぼす影響(岡山心理学会)
2. 2021/12/12 日本人の信仰心と時間割引の関連についての検討(岡山心理学会)
■ 受賞学術賞
1. 2015/06 優秀論文賞 「感情心理学研究」第22巻
2. 1997/03 平成8年度広島市民病院奨励賞
3. 1993/09 Award,Third International Conference on Biobehavioral Self-Regulation and Health.
■ 授業科目
1. 演習Ⅰ
2. 演習Ⅱ
3. 演習Ⅲ
4. 演習Ⅳ
5. 心身医学特論(保健医療分野に関する理論と支援の展開)
全件表示(15件)
■ 社会における活動
1. 2021/08~2021/08 (新聞等の記事等への対応)子どものストレス どうケア
2. 2021/01~ (各種団体等の活動)広島修道院 こころのケア委員会委員
3. 2015/04~ (各種団体等の活動)こども虐待電話相談
4. 2015/04~ (各種団体等の活動)少年サポートセンターひろしま
5. 2014/06~ (各種団体等の活動)広島市青少年支援メンター
全件表示(9件)
■ 委員会・協会等
1. 2005/05~ 広島市立広島市民病院 治験審査委員会 治験薬受託研究についての審査委員
2. 2014/04~ 社会福祉法人 広島修道院 理事
3. 2015/09~ 少年サポートセンターひろしま連絡調整会議 少年サポートセンターひろしま連絡調整会議委員
■ 役職
1. 2022/04/01~2024/03/31 広島修道大学 大学院 人文科学研究科長
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2021/09
「E-learningシステム(Shudo Moodle)」を活用した「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」受験に関する資料と模擬テスト(第5版対応更新)
1
単著・共著の別:単著
■ ホームページ
   http://ns1.shudo-u.ac.jp/~shiwa/
■ メッセージ
「何が与えられているかが大切なのではなくて、与えられたものをどう生かすかが大切である」(A.Adler) “here and now” 今、自分に何ができるのか、常に問いかけてください。そして行動してください。頑張らないこと、あきらめないこと、目的を持ってとにかく具体的に動いてください。他者に対しても自分に対しても、素直に“ありがとう”といえるときっと幸せを感じることができます。
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
授業の方針は、単なる知識の習得にとどまらず自らに生かす知識と他者を理解する技術を修得することを目指している。授業計画の柱は「現代社会を生きるために」をメインテーマに、学生自身が建設的に社会生活を営めるよう、また自他共に信頼できる対等な人間関係のあり方について講義・実習を行った。  学部実習では学生自らが研究計画を立ててレポートを書き上げることができるようになった。演習では心理学的知識を習得し建設的な対人関係を保つための相互支援ができるようになった。4年生は卒業論文として研究の成果をまとめることができた。  大学院では、講義科目で心理臨床に必要な知識、実習科目で心理臨床に必要な技能を修得した。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
オンライン授業と対面授業を併用した授業形態から対面授業への移行がなされが、実験や実習科目は対面で指導することできた。同時に、オンライン授業で培った、オンラインでできる教材や課題を提示する環境を活用できた。  授業外の自学用教材を作成し、「Shudo Moodle」を活用して、授業期はもちろん、休暇中においても在宅で自習ができるよう学外(自宅など)で学習を促した。  修士論文、卒業論文、応用実習等では、対面での実験ができなくなったが、オンラインでできる実験の工夫や調査に切り替え、むしろその利点を生かした論文指導を行った。演習の授業では、オンラインであってもできるだけ、学生相互がディスカッションできる機会を増やし、相互に支援できる体制を整えた。
●3.(1)国際学会、国内学会、研究会等における発表など
2021/06/20 日本バイオフィードバック学会 シンポジウム 「バーチャルリアリティによるオンライン・バイオフィードバックの試み」 企画・司会
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
「臨床心理学概論(回答数87名)」で授業評価アンケートを実施した。「授業の体系性」では設問平均4.8、「教授方法・講義内容」の設問平均4.8の評価であった。「授業の狙いや学習目標は明確であったか」の設問に4.9の評価を得た。一方で「授業内容は理解できたか」の設問では4.6の評価であった。次年度以降、授業内容について理解しやすくなるよう検討する。
●5.公開授業の実施状況
公開授業としては実施できていない。本学の心理専門職(カウンセラー)に演習授業を参観(参加)していただき、授業に対しての助言を受けている。
●7.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
心身の不調で投稿できない学生に対して面談をして、学生相談室に繋いだり個別の指導を行うなどして学生生活が持続できるよう対応した。  単位僅少学生に対しては個別に面談し、経済的状況や心身の状況などを確認し、単位僅少に至る過程を明らかにするとともに、今後の対応について話し合い具体的な行動変容を促した。  「心理学検定」や「メンタルヘルス・マネジメント検定」などの受検を勧めた。  公務員(心理専門職)試験についての情報を提供や就職支援を行った。大学院進学を希望する学生に対して進路指導ならびに事前面談を行った。
●9.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
本学サークルの部長・顧問、学友会公認の活動は行っていないが、心理学科の学生が参加できる課外活動を支援している。